さいたま市岩槻区オオクボ自動車。純正より純正らしく修理を致します!オオクボの技を見てください!!

さいたま市岩槻区で32年。車のキズ・へこみ修理からカスタムカー作製まで、オオクボ自動車にお任せください!

logo.jpg

ご依頼・ご相談・お問い合わせは
TEL 048-799-1156

お問い合わせの際はホームページを見たとお伝えください
従業員応募もお電話ください。)
不在時 直通携帯 TEL 090-8689-7205

navi_05.jpgnavi_05.jpgnavi_06.jpgnavi_06.jpgnavi_07.jpgnavi_07.jpgnavi_08.jpgnavi_08.jpgnavi_09.jpgnavi_09.jpgnavi_10.jpgnavi_10.jpg

HOME > サービス > 板金・塗装 > 一般板金 > 修理実績2020 > 修理実績2020_10

純正より純正へ。オオクボの技をお見せします。

このページでは過去にオオクボ自動車で修理した車をお見せします。
オオクボ自動車の修理に対する考え方・とらえ方を知っていただければと思います。
おかげさまで大久保自動車のホームページも7年目に突入します。今年も毎月毎月実績をお伝えして行きます。
車の修理は私たちオオクボ自動車にご用命ください。

お気軽にご相談ください。048−799−1156

このページでは2020年10月の修理実績をご紹介しています。
2020年9月の修理実績はこちらです。

TOYOTA AQUA バックドアつぶれ修理

トランク周辺をぶつけてしまったTOYOTAアクアを修理しました。

状況確認

まずは状況確認です。

resizeCIMG4220.jpgresizeCIMG4221.jpgresizeCIMG4223.jpg
バックドアとリヤバンパーを見ていきます。どちらも大きくへこんでしまってます。ポールか何かにぶつけてしまったのでしょう。

resizeCIMG4224.jpgresizeCIMG4225.jpgresizeCIMG4226.jpg
フェンダーパネルとのつなぎ目も大きくずれてしまってます。

resizeCIMG4227.jpgresizeCIMG4228.jpg
内側の状況も確認します。こちらから見ても結構つぶれているのが変わります。

resizeCIMG4237.jpgresizeCIMG4240.jpgresizeCIMG4241.jpg
バックドア周りも少しぶつかって変形していました。

ぶつかった衝撃でつぶれていますが、パネルの引っ張りを行えば問題なく修理ができそうです。

板金修理

resizeCIMG4245.jpgresizeCIMG4246.jpg
まずはつぶれたところを引っ張り出します。一気には引っ張れませんので少しずつゆっくり様子を見ながら慎重に作業を行います。

resizeCIMG4247.jpg
引っ張り完了!!

resizeCIMG4248.jpg
バックドアは部品交換で対応しました。
リヤスポイラーは新品交換したいところですが、新品が未塗装品しか売ってないため仕入れて2色塗装するより、現品を修理したほうが安く仕上がるので修理して塗装します。

resizeCIMG4249.jpgresizeCIMG4250.jpg
まずはヤスリがけを行いキズを綺麗に取り除きます。

resizeCIMG4251.jpg
その後、削った分を整えるためにパテ付けしてボディラインを元通りに修復します。

塗装工程

resizeCIMG4263.jpg
まずはキズを修理したところをサーフェーサーで下地を作ります。

resizeCIMG4291.jpgresizeCIMG4292.jpgresizeCIMG4293.jpgresizeCIMG4294.jpg
その後リヤスポイラーの塗りわけを行います。最初に黒を塗装します。

resizeCIMG4304.jpg
乾燥させたら再びマスキングして今度はシルバーのボディカラーで塗装します。

resizeCIMG4305.jpgresizeCIMG4306.jpgresizeCIMG4307.jpg
シルバーで塗装が完了しました。この後クリアーを塗装したら塗装は完了です。

仕上げ・完成

最後にコンパウンドで磨きます。周りの景色が綺麗に写りこむまでピカピカに磨いて完成です。
今回も無事に修理が完了です。

ではまた次回お会いしましょう!!
=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=
オオクボ自動車にキズ・ヘコミ修理やお困りごとのご相談をして見ませんか?
最適なご提案でお答えします。
大久保自動車TEL:048-799-1156
つながらないときは大久保携帯に直接お電話くださいTEL090-8689-7205
まずはお話しましょう。
=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=

DAIHATSU HIJET 右フロントフレーム修理

右フロントを大きく壊してしまったダイハツハイゼットを修理しました。

状況確認

まずは状況確認です。

resizeCIMG4321.jpg
状況を確認するためにヘッドライト周り一部部品をはずしてあります。
運転席側が大きくつぶれてしまっています。結構な衝撃だったはずです。

resizeCIMG4322.jpg
窓ガラスにもヒビが入ってます。

resizeCIMG4329.jpgresizeCIMG4330.jpgresizeCIMG4331.jpg
この3枚の写真わかりますか?ヘッドライト部分のつぶれた衝撃で運転席のパネルと屋根のパネルが外れてずれてしまってます。

resizeCIMG4332.jpg
車内から見たところです。タイヤハウスがゆがんでしまっています。

resizeCIMG4333.jpgresizeCIMG4334.jpg
ワイパーとボンネットパネルもつぶれて重なってしまってました。ボンネットとフェンダーパネルのつなぎ目も大きくずれています。

resizeCIMG4335.jpg
フロントエンジン周りのパネルをはずしました。

resizeCIMG4336.jpgresizeCIMG4337.jpgresizeCIMG4338.jpg
ヘッドライト周りのステーはぼろぼろに折れてました。

右フロントタイヤ周りを見ていきます。
resizeCIMG4339.jpgresizeCIMG4340.jpg
パネルは別パーツのような形につぶれていました。

resizeCIMG4341.jpgresizeCIMG4342.jpg
タイヤハウスの下部は破れてしまってます。

resizeCIMG4344.jpgresizeCIMG4343.jpgresizeCIMG4345.jpg
ロアアーム・ステアリングロッドも曲がっています。

resizeCIMG4350.jpgresizeCIMG4351.jpg
窓ガラスのヒビ部分もパネルをはずしてみると割れていました。そのほかあちこち割れと変形がありました。

resizeCIMG4353.jpgresizeCIMG4354.jpgresizeCIMG4355.jpg
フェンダーパネルをはずして横から見てみます。こちらもぐちゃぐちゃになってました。

resizeCIMG4357.jpg
ホイールまでも衝撃で変形してました。

板金修理

resizeCIMG4359.jpg
まずはなんといっても曲がったフレームを元の正しい位置に戻していきます。

resizeCIMG4360.jpgresizeCIMG4361.jpg
一度で綺麗に引っ張ることはできません。少しずつ方向を変えながらパネルを引っ張っていきます。

resizeCIMG4362.jpg
引っ張る部分がないときは治具を溶接して引っ張ります。


resizeCIMG4364.jpgresizeCIMG4363.jpg
少しずつ確実に引っ張っています。

resizeCIMG4365.jpg
引っ張って内部の配線ハーネスが見えてきました。こちらもかなりつぶれていました。

resizeCIMG4366.jpgresizeCIMG4368.jpg
だんだん形が戻ってきました。

resizeCIMG4369.jpg
今回は車内側まで大きくゆがんでいました。ですのでフロアとの仕切りのパネルもしっかりと引っ張ってもとの位置に戻していきます。

resizeCIMG4374.jpgresizeCIMG4378.jpg
ずいぶん綺麗になりました。

resizeCIMG4376.jpgresizeCIMG4377.jpg
固くいパネルやフレームはバーナーで暖めて柔らかくししながら引っ張ります。

resizeCIMG4379.jpg
元の位置まで戻ってきました。
さらに引っ張りながらそれぞれのパネルの位置を調整していきます。

resizeCIMG4381.jpgresizeCIMG4382.jpgresizeCIMG4383.jpg
運転席周りのパネルもゆがみを引っ張りながら修正していきます。

全体の修正が大体終わりました。
フレーム修正は大まかに全体を治したあと細かい位置関係を取り付ける部品を考慮しながら修正していきます。

他社さんで修理した車を見るときっちり修正していない車があります。
物理的に位置が正しく修正できていないと部品を取り付けることはできません。
お客さんから見えないから適当にやってるとは思いたくありませんが、部品の取り付け位置を加工して無理やり取り付けてるんですよね。

フレーム修正をきっちりやってないのか?そこまで出来ないのか?もう少しきっちり修理すればよいのに・・・と思うことが多々あります。

resizeCIMG4401.jpg
ボンネットフックとボンネットの位置も修正してきます。

resizeCIMG4402.jpgresizeCIMG4403.jpgresizeCIMG4404.jpgresizeCIMG4405.jpg
フレームを位置全体を調整しながらボンネットを本来の位置に収まるように修正します。

resizeCIMG4406.jpg
引っ張る方向に使う無ところがなかったので、治具を貼り付けて引っ張りました。
resizeCIMG4408.jpg
位置を確認してます。もう少し!!

resizeCIMG4409.jpg
位置を確認して、また引っ張って修正してを地道に繰り返して修理していきます。これでフレーム修理は完了です。

次にヘッドライトの修理です。

resizeCIMG4411.jpgresizeCIMG4414.jpg
resizeCIMG4415.jpgresizeCIMG4416.jpg
ヘッドライトも使えるものと使えないものを分けながら修理していきます。

resizeCIMG4417.jpgresizeCIMG4418.jpg
破けてしまったところは電熱ホチキスで溶着+骨組み生成して

resizeCIMG4419.jpgresizeCIMG4420.jpg
破けた部分をパテで埋めて再生完了です。

この後、傷へこみを修理して塗装をすれば修理完了です。

ではまた次回お会いしましょう!!
=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=
オオクボ自動車にキズ・ヘコミ修理やお困りごとのご相談をして見ませんか?
最適なご提案でお答えします。
大久保自動車TEL:048-799-1156
つながらないときは大久保携帯に直接お電話くださいTEL090-8689-7205
まずはお話しましょう。
=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=

一般板金・塗装


P1040287.JPG
弊社で修理した車の実績を紹介します。普段どのように修理板金に取り組んでいるか?皆様にお伝えしたいと思います。
LinkIcon弊社での修理実績はこちら

カスタム板金・塗装


P1040156.JPG
カスタムも弊社の得意分野です。イメージをお伝えいただければ弊社が実現いたします。過去のカスタムカー作成の実績をご覧ください。
LinkIcon弊社のカスタムカー作成履歴はこちら

Cel.png
お問い合わせはお電話でお願いいたします。
なんでもご相談ください。
TEL:048-799-1156
不在時直通携帯 090-8689-7205