さいたま市岩槻区オオクボ自動車。純正より純正らしく修理を致します!オオクボの技を見てください!!

さいたま市岩槻区で32年。車のキズ・へこみ修理からカスタムカー作製まで、オオクボ自動車にお任せください!

logo.jpg

ご依頼・ご相談・お問い合わせは
TEL 048-799-1156

お問い合わせの際はホームページを見たとお伝えください
従業員応募もお電話ください。)
不在時 直通携帯 TEL 090-8689-7205

navi_05.jpgnavi_05.jpgnavi_06.jpgnavi_06.jpgnavi_07.jpgnavi_07.jpgnavi_08.jpgnavi_08.jpgnavi_09.jpgnavi_09.jpgnavi_10.jpgnavi_10.jpg

HOME > サービス > 板金・塗装 > 一般板金 > 修理実績2019

純正より純正へ。オオクボの技をお見せします。

このページでは過去にオオクボ自動車で修理した車をお見せします。
オオクボ自動車の修理に対する考え方・とらえ方を知っていただければと思います。
おかげさまで大久保自動車のホームページも5年目に入りました。今年も毎月毎月実績をお伝えして行きます。
車の修理は私たちオオクボ自動車にご用命ください。

お気軽にご相談ください。048−799−1156

ここには2019年の実績を公開しています。
2020年1月~3月の修理実績はこちらです。← →2018年の修理実績はこちらです。

トラックのタイヤフェンダーを修理しました。

曲がってしまったタイヤフェンダーを修理しました。

修理前の確認

まずは修理前に壊れた部分をチェックします。
resizeP1020334.jpgresizeP1020335.jpg
フェンダーの角をぶつけてしまい曲がっていました。ぶつけて曲がってしまっている部分の塗装も割れてはがれてしまっています。
この部分を元の形に直して再塗装します。

修理

まずは曲がってしまったところ元の形に戻します。タイヤフェンダーだけですから車体のような大変さはありません。
resizeP1020336.jpg
元の形に戻したらヤスリがけをしてキズを取り除いていきます。
resizeP1020337.jpg
裏側もヤスリがけでキズを取りました。

塗装

resizeP1020339.jpgresizeP1020342.jpg
サーフェーサーから塗装していきます。ここでキズが見つかればヤスリがけとパテ付けで修正し仕上げていきます。
resizeP1020343.jpgresizeP1020344.jpg
ボディカラーで塗装します。乾燥後クリアーを塗って完了です。
resizeP1020349.jpgresizeP1020350.jpg
裏側は汚れを取った後シャーシブラックで塗装しました。

完成

塗装が乾燥した後でコンパウンドで磨きます。綺麗にぴかぴかに磨くと周りの景色がくっきりと写りこむようになります。
綺麗に移りこむようになったら完成です。

トヨタ クラウン バンパー修理

ボンネットとフロントバンパーをぶつけてしまったクラウンを修理しました。

修理前の確認

まずは修理前に壊れた部分をチェックします。
resizeP1020292.jpg
フロントバンパーとボンネットがつぶれているのがわかります。
resizeP1020293.jpg
アップしてみると割れていました。ご自分で簡易修理されているみたいでした。
resizeP1020294.jpg
よく見るとバンパー下側まで割れています。
resizeP1020295.jpg
はずして裏側を確認します。
resizeP1020296.jpg
センサー部分もばらばらになっていました。
resizeP1020301.jpgresizeP1020302.jpg
そのほか割れやひび割れがありました。

修理

resizeP1020299.jpg
まずはぼろぼろになっている表面を削り取ります、割れている箇所や避けている場所も綺麗にヤスリがけをし、傷を削りとります。
resizeP1020303.jpgresizeP1020304.jpg
どんどん削ります。
resizeP1020306.jpg
キズの削り取りが終わったら電熱ホチキスで割れた部分を接合していきます。
resizeP1020307.jpgresizeP1020308.jpgresizeP1020309.jpg
数を多めに打ち込みしっかり強度を確保します。
resizeP1020310.jpgresizeP1020311.jpg
つなぎ終えたらホチキスの余分な針をカットしてヤスリがけを行います。これで接合までは完了です。
resizeP1020315.jpgresizeP1020312.jpg
次にパテ付けを進めます。削った部分をパテ付けで元のボディラインに戻します。何回かパテ付けとヤスリがけを繰り返し元のボディラインを復元します。

塗装

resizeP1020316.jpg
パテ付けが完了したところでサーフェーサーを塗装します。サーフェーサーを塗ったときにキズや細かい穴がないか確認して塗装の準備は完了です。
resizeP1020317.jpg
ボディカラーで塗装します。シルバーは塗装が難しく、気を使う作業です。シルバーを塗った後はクリアーを塗装します。

完成

塗装後にコンパウンドで磨いていきます。鏡のように周りの形式が映りこんだら完成です。

トヨタ ノア 左フロントドアキズ修理

フロント左側のドアにキズがついてしまったノアを修理しました。

修理前の確認

まずは修理前の確認です。キズは左側のドアについています。
resizeP1020002.jpgresizeP1020003.jpg
こんな感じです。4本のキズがついています。特に上側2本部分は少しヘコミもあります。
resizeP1020004.jpgresizeP1020006.jpgresizeP1020007.jpgresizeP1020008.jpg

修理

板金修理から行います。まずはヘコミ部分を引っ張り出します。面全体を引っ張るために治具を使って面全体を一度に引っ張るようにします。
resizeP1020009.jpg
引っ張り出した後やすりがけで傷と溶接後を綺麗に取り除きます。
resizeP1020010.jpg
その後、パテ付けとヤスリがけを繰り返してボディラインを復元していきます。
resizeP1020011.jpg

塗装

パテ付け後塗装していきます。最初に足付けを行います。
resizeP1020012.jpgresizeP1020016.jpgresizeP1020017.jpg
サーフェーサーを塗装します。その後ボディカラーのシルバーで塗装、仕上げにクリアーで塗装します。
resizeP1020018.jpgresizeP1020019.jpg

完成

塗装が乾燥した後にコンパウンドで磨いていきます。周りの景色がゆがみなくくっきり映り込んだら完了です。

スバル インプレッサ バンパー修理

リヤバンパーにキズがついたインプレッサの修理を行いました。

修理前の確認

まずは修理前の確認です。左リヤ側の角がキズだらけになってます。ウレタンバンパーなので形は元に戻ってますが、中までぶつかってるはずです。
resizeP1020240.jpgresizeP1020241.jpg
ここのチリがずれています。大きくゆがんだと思われます。
resizeP1020242.jpg
ブレーキランプのチリもずれていて隙間が見えます。
resizeP1020243.jpg
ひとまずバンパーをはずしてみました。ぱっと見た感じはどこもダメージがあるように見えませんがアップしてみると・・・
resizeP1020244.jpg
見事につぶれています。
resizeP1020245.jpgresizeP1020246.jpgresizeP1020248.jpgresizeP1020249.jpgresizeP1020250.jpgresizeP1020251.jpg
完全に変形していることがわかります。ぶつけた内側のフェンダーパネルもゆがんでいました。
resizeP1020252.jpgresizeP1020254.jpgresizeP1020255.jpg

修理

早速修理していきます。まずは、板金修理で曲がってしまったところを元の形に修復します。今回は見えないところなので簡易的に修理を行います。
つぶれてしまったところを元の形に戻しました。
resizeP1020258.jpgresizeP1020259.jpg
残ってしまった隙間は防水処置を行いました。
resizeP1020260.jpgresizeP1020261.jpg
内側の板金修理が完了したらバンパーの修理です。バンパーはキズをすべてやすりがけで取り除きます。破れてしまったところも接合して修復します。修復後パテ付けして元のボディラインを綺麗に復元して修理完成です。

塗装

バンパーは塗装して仕上げていきます。まずはサーフェーサーを塗ってボディカラーで塗装します。その後クリアーを塗装します。
乾燥後コンパウンドでぴかぴかに磨いたら完成です。磨きあがると周りの景色がくっきり映るようになります。
resizeP1020253.jpg

SUZUKI エブリー フロント周り修理

右フロントを大きく損傷したエブリーを修理しました。

修理前の確認

まずは修理前の確認です。フロント周りが大きく損傷しています。ヘッドライトも割れてしまっていて、窓ガラスも割れてしまっています。
resizeP1020082.jpgresizeP1020083.jpgresizeP1020084.jpg
衝撃で右ドアパネルまでフェンダーパネルが押し込まれてゆがんでいます。
resizeP1020085.jpgresizeP1020086.jpg
次に車内から状態を確認します。パネルの状態を確認するためのダッシュボードなど全部はずします。
resizeP1020087.jpg
ガラスが割れているので衝撃はかなりのものだったはずです。
resizeP1020088.jpgresizeP1020089.jpg
さらにピラーとフロントパネルが衝撃で剥離していました。
resizeP1020090.jpg
ボンネットヒンジ周りもゆがんでしまっています。
resizeP1020112.jpgresizeP1020114.jpgresizeP1020115.jpgresizeP1020118.jpg

修理

チェックもすんだところで修理を始めます。まずはつぶれてしまったフレームを元の形に修復していきます。
フレーム台に車をしっかり固定して油圧ジャッキで少しずつひっぱていきます。
resizeP1020121.jpg
何回やっても緊張する作業です。
resizeP1020122.jpgresizeP1020123.jpg
ボディをクランプでしっかりつかんでちょっとづつ油圧で引っ張ります。
resizeP1020124.jpgresizeP1020125.jpg
まずは第一段階の大まか引っ張り修正作業が終了です。
resizeP1020126.jpgresizeP1020127.jpg
パネルとパネルの隙間もほぼ埋まりました。
resizeP1020128.jpg
ほかの部分も少しずつ引っ張って全体を修正していきます。
resizeP1020129.jpg
つぶれたところも一度切り込みを入れて手作業で元の形に修復していきます。
resizeP1020130.jpgresizeP1020131.jpg
うまくもとの形に戻りました。
resizeP1020132.jpgresizeP1020133.jpg
ほかにもつぶれたりゆがんだところを一ヶ所ずつ丁寧に直していきます。
resizeP1020134.jpgresizeP1020135.jpgresizeP1020136.jpgresizeP1020138.jpgresizeP1020139.jpg
ボンネットヒンジも取り付けられるようになりました。
resizeP1020149.jpg
つぶれた部品も一度切り取り修正して再度溶接して仕上げていきます。写真ではボンネットヒンジを元の位置に修復しています。
resizeP1020150.jpgresizeP1020151.jpg
修正して溶接したところです。
resizeP1020152.jpgresizeP1020153.jpgresizeP1020154.jpgresizeP1020155.jpgresizeP1020156.jpgresizeP1020157.jpg
元の位置に綺麗に戻りました。溶接もばっちりです。
resizeP1020158.jpgresizeP1020159.jpg
ボンネットのアーム部分も綺麗に修復できました。
resizeP1020160.jpgresizeP1020161.jpgresizeP1020162.jpg
ゆがんでいたところが正面から見て綺麗にまっすぐに直っていることがわかります。
resizeP1020163.jpg
ダッシュボードは部品交換で対応しました。
resizeP1020164.jpg

塗装

板金修理が完了したので塗装工程に入ります。今回はつぶれた右フェンダーパネルを中心にドアパネルボンネット、左フェンダーパネルまで塗装します。元々の純正色と調合した色はどうしてもわずかな誤差が出てしまいます。つぶれた部分だけとそうすると塗装境界面で色の違いが目立ってしまいます。そこでパネル全体を塗り元々の色との境目を目立たなく仕上げます。理想は車1台塗ってしまえば全部同じ色になるのでベストですが、コストはかかってしまいます。限られた費用と仕上がりを考えた結果、今回の塗装する部分を決めました。
resizeP1020206.jpgresizeP1020207.jpgresizeP1020208.jpg
サーフェーサーを塗装し、ボディカラーで塗装します。だんだん元のエブリーに戻っていきます。
resizeP1020211.jpgresizeP1020212.jpg
塗装はボディカラーで塗った後クリアーを塗装して仕上げます。
resizeP1020213.jpg
今回は塗装しながらダッシュボードも付け直しを行っています。元通りに丁寧に組みなおします。
resizeP1020214.jpg
スイッチ類、カーナビなども元通り組みなおしできました。
resizeP1020215.jpgresizeP1020216.jpgresizeP1020218.jpgresizeP1020219.jpg

完成

ダッシュボードの組み付けが完了し、塗装が乾燥したところで仕上げのコンパウンド磨きを行います。コンパウンドでボディを磨いてピカピカの状態に仕上げていきます。
周りの景色がゆがみなく綺麗に映りこむ状態にしたら完成です。

TOYOTA アルファードリヤフェンダーパネル修理

左リヤフェンダーパネルにヘコミ傷があるALPHARDを修理しました。

修理前の確認

まずは修理前の確認です。リヤフェンダー周りに傷とへこみがありました。ほかも確認してみます。
resizeP1010830.jpgresizeP1010831.jpgresizeP1010832.jpgresizeP1010833.jpg
リヤフェンダー周りスライドドア側にコーナーパーツがゆがんできます。
resizeP1010834.jpgresizeP1010835.jpg
ホイルにも傷がありました。
resizeP1010836.jpg
この状態から修理していきます。板金修理でボディを引き出しプラパーツは割れている部分をくっつけて修理していきます。
修理
まずはへこんだボディを引き出します。スライドハンマーで引っ張りだすのですが、引っ張り出す面を綺麗に引っ張るためには周りを含めて引っ張り出す必要があります。ですので、面全体に金具をくっつけて面ごと引っ張り出します。
resizeP1010837.jpgresizeP1010838.jpg
プラパーツは割れたところ電熱ホチキスで接合していきます。
resizeP1010839.jpgresizeP1010840.jpg
こんな感じで元の形にくっつきました。
resizeP1010841.jpgresizeP1010880.jpg
引っ張り出した面を今度はヤスリがけできれいに傷を取り除きます。
resizeP1010865.jpgresizeP1010866.jpg
傷を削り取って綺麗になったボディにパテ付けをしてボディの元のラインを復元します。
resizeP1010867.jpg

塗装

サーフェーサーを塗って下地を作ったらボディカラーで塗装していきます。できるだけぱねる一枚丸ごと塗装したほうが仕上がり時の違和感(塗装したところだけ新品の色のように浮いて見える。)を防ぐことができます。ですのでできるかがりパネルごと塗装します。
resizeP1010882.jpgresizeP1010883.jpg

完成

仕上げにコンパウンドで磨きます。ピカピカに景色が写りこむように磨いたら完成です。

ホンダ ステップワゴン 傷修理

リヤフェンダーパネルを中心に傷があるホンダステップワゴンを修理しました。

修理前の確認

リヤバックドアをぱっと見ると傷もわかりませんが、横に回るとすり傷があります。
resizeP1010710.jpg
リヤパネル周りの擦り傷です。
resizeP1010711.jpgresizeP1010712.jpg
フロント左フェンダーパネル、左ドアパネルにも傷がありました。
resizeP1010713.jpgresizeP1010715.jpg
サイドステップも傷がついています。
resizeP1010716.jpgresizeP1010717.jpg

修理
ヘコミがない擦り傷だけのところはヤスリがけで傷を取り除きます。
resizeP1010718.jpgresizeP1010719.jpg
ヘコミがあるところは板金修理でボディのヘコミを引っ張り出します。引っ張った後に安がけで傷と取り除いていきます。
resizeP1010720.jpg
ヤスリがけが完了したら、パテ付けをしてボディラインを元通りに修復していきます。
resizeP1010721.jpg

塗装

パテ付け完了後は塗装工程です。サーフェーサーを塗装して塗装の下準備を行います。
resizeP1010724.jpgresizeP1010725.jpgresizeP1010726.jpg
サーフェーサーの後はボディカラーで塗装していきます。できるだけパネル1枚全体を塗装するようにすると周りのパネルの色とのつながりがよくなり綺麗に仕上がります。
resizeP1010742.jpgresizeP1010743.jpgresizeP1010744.jpgresizeP1010745.jpg

完成

塗装が完了し後に仕上げてコンパウンドで磨いて完成です。ぴかぴかに磨いていきます。周りの景色がボディに映りこむようになれば完成です。
resizeP1010747.jpgresizeP1010748.jpgresizeP1010749.jpgresizeP1010750.jpg

トヨタ カローラ フィールダー

フロント部分を大きく損傷したフィルダーを修理しました。

修理前の確認

フロントを大きくぶつけてしまったカローラフィールダーを修理しました。かなり損傷が大きくフレーム修正も大掛かりなものになりました。

写真を見てもフロント右側が大きくゆがんでいるのがわかります。
resizeP1010697.jpgresizeP1010698.jpg
タイヤにも傷がありました。
resizeP1010699.jpg
ウインカーにも傷が入ってます。広範囲に傷がついてます。
resizeP1010701.jpgresizeP1010702.jpg
サンバイザーも割れてます。
resizeP1010703.jpg
ボンネットもゆがんでます。
resizeP1010704.jpgresizeP1010709.jpg
左フロントは押されて全体が押し込まれてます。
resizeP1010705.jpgresizeP1010708.jpg
ドアのチリもつぶれています。
resizeP1010706.jpg

修理

まずはゆがんでしまったフレームの修理からです。今回のフレーム修理は規模としては当社最大規模の修理となりました。
引っ張り加重はなんと10トン!!それでもフレーム集積から油圧がもれました。
フレーム台に車を乗せてさらにフレームも床にがっちり固定します。
resizeP1010807.jpg
少しずつ加重をかけて引っ張っていきます。10トンも加重をかけると引っ張る部分の鉄板がちぎれたりします。(本当です。)
ですので、引っ張るクランプを確実に引っ掛けるために溶接で肉盛したり鉄板を2枚重ねにして準備を行います。
引っ張ってる作業中はミシミシと車が音を立てます。ものすごい緊張します。
resizeP1010808.jpgresizeP1010809.jpg


フレームを修正が完了した後は傷の補修です。細かい傷までしっかり修正します。
resizeP1010817.jpgresizeP1010819.jpg
ヤスリがけで傷をしっかり取り除きます。

塗装

傷を修正したら塗装です。サーフェーサーを塗装してその後にボディカラーを塗装します。
resizeP1010821.jpgresizeP1010822.jpgresizeP1010823.jpgresizeP1010824.jpg
乾燥後クリアーを塗装します。
仕上げにコンパウンドでボディを磨きます。景色がゆがみなく綺麗に写りこんだら完成です。

完成です。

大掛かりな修理になりましたが綺麗に元に戻りました。
resizeP1010828.jpgresizeP1010829.jpg

HONDA NBOX リアバンパー傷修理

HONDA NBOX リアバンパー修理を修理しました。

修理前の確認

NBOXを修理しました。バンパーを見ると傷があります。
resizeP1010574.jpg
この角に傷があります。
resizeP1010575.jpg

修理

まず傷をヤスリがけで綺麗に削り取ります。
resizeP1010576.jpg
削った後はパテ付けしてさらにヤスリがけを行います。これを繰り返してもとのボディラインを綺麗に復元します。
resizeP1010577.jpgresizeP1010578.jpg

塗装

サーフェーサーを塗って塗装の下準備をします。
resizeP1010579.jpg
サーフェーサーの後は本塗装です。ボディのつなぎ目を利用して元の塗装と今回の塗料の色のわずかな差を目立たないようにします。ボディカラーを綺麗に塗装しました。この後クリアーを塗装して塗装は完了です。
resizeP1010580.jpgresizeP1010581.jpg

完成

塗装が乾燥した後にコンパウンドでボディを磨いてつやを出します。ボディに周りの景色が綺麗に写りこむまで磨きこみます。
綺麗に磨きこめたら完成です。

TOYOTA HIACE バックドア・リアバンパー修理

トヨタ ハイエースのバックドア、リアバンパーを修理しました。

修理前の確認

ハイエースのリアドア周りを修理します。ポールか何か角にぶつけてしまったみたいです。
バックドアのぶつけたところはすぐわかりました。結構衝撃が強かったのではないでしょうか?
resizeP1010550.jpgresizeP1010551.jpg
下から見ると思いっきりへこんでいました。
resizeP1010555.jpg
リアバンパーも割れていました。
resizeP1010553.jpgresizeP1010554.jpgresizeP1010556.jpgresizeP1010557.jpg

修理

バックドアは板金修理で直していきます。引っ張り修理で元の形を復元します。
resizeP1010558.jpg
リアバンパーは取りはずしてFRPを塗布して直していきます。
resizeP1010559.jpgresizeP1010560.jpgresizeP1010561.jpg
割れた部分を動かないように固定してFRPを貼り付けていきます。
resizeP1010562.jpgresizeP1010563.jpgresizeP1010564.jpg
固まるとしっかりくっつきました。
resizeP1010567.jpgresizeP1010568.jpgresizeP1010569.jpgresizeP1010570.jpg
くっついた後はパテ付けを行いヤスリがけをして元々のボディラインを復元していきます。
resizeP1010571.jpgresizeP1010572.jpg
バックドアも平らに戻りました。
resizeP1010573.jpg
バックドアのパネルもパテ付けしてヤスリがけしていきます。
resizeP1010596.jpg
バックドアの下部も綺麗に平らに仕上げます。
resizeP1010597.jpg

塗装

サーフェーサーから塗っていきます。サーフェーサーを塗って小さな傷があれば再びパテ付けしてヤスリがけを行います。
resizeP1010598.jpgresizeP1010599.jpg
サーフェーサーの後は本塗装です。ボディカラーで塗装していきます。
resizeP1010600.jpgresizeP1010601.jpg
バンパーもサーフェーサーを塗った後、ボディカラーで塗装していきます。
resizeP1010603.jpgresizeP1010604.jpgresizeP1010605.jpg

完成

ボディカラーで塗装した後はクリアーで塗装します。乾燥後コンパウンドで磨いていきます。ボディに景色が綺麗に映り込むまで磨いたら完成です。

TOYOTA vellfire 傷修理

トヨタ ベルファイア 傷修理とヘッドライトクリーニングを行いました。

修理前の確認

ベルファイアのサイドステップを修理しました。同時にヘッドライトの曇りを取り除いてクリーニングします。
まずは、ヘッドライトのチェックです。よくあるヘッドライトの曇りです。
resizeP1010530.jpgresizeP1010531.jpgresizeP1010532.jpg

傷もチェックしていきます擦り傷とぶつけて壊れがありました。
resizeP1010534.jpgresizeP1010535.jpg
隙間が開いています。
resizeP1010536.jpg
はずしてみると裏側も壊れていました。
resizeP1010537.jpgresizeP1010538.jpg

修理

割れた部分は電熱ホチキスで補強しして修理します。
resizeP1010539.jpg
傷部分はヤスリがけを行いサーファーサーを塗り塗装前準備を行います。
resizeP1010540.jpgresizeP1010541.jpg

ヘッドライトは曇りをまずは磨いて取り除きます。コンパウンドで磨いてきれいにしていきます。
resizeP1010542.jpgresizeP1010543.jpg
磨きあがったところです。この後ボディ用のクリアーを塗装しコーティングします。ボディ塗装用のクリアーは曇りませんのでこの後曇ることがなくなります。
resizeP1010544.jpgresizeP1010545.jpg

塗装

サーフェーサーを塗ったところに本塗装をしていきます。ボディカラーで塗装します。
resizeP1010548.jpgresizeP1010549.jpg
乾燥後クリアーを塗装して仕上げていきます。

完成

乾燥後にコンパウンドで磨きます。周りの景色が綺麗にゆがみなく映るようになったら完成です。

Ferrari F430 フェンダーキズ修理

フェラーリF430の右リヤフェンダーキズを修理しました。

修理前の確認

F430の右リヤフェンダー傷を修理します。
resizeP1010507.jpg
丁度タイヤ脇に擦り傷があります。
resizeP1010508.jpg
この擦り傷です。
resizeP1010509.jpgresizeP1010510.jpg

修理

修理はヤスリがけをして傷を取るところからスタートです。フェラーリの塗装は塗装が固くてなかなか削り取ることができません。
ヤスリがけがなかなか進みません。
resizeP1010511.jpg
やっと削り取れてパテ付けして平らにできました。
resizeP1010512.jpg

塗装

修理した部分にサーフェーサーを塗っていきます。
resizeP1010513.jpgresizeP1010514.jpg
塗装する部分を決めるときにボディを見ていたらぼかし塗装で塗りわけしていました。
写真を見るとわかりますが、フェンダーパネルの上側と下側で微妙に色が違っています。
resizeP1010515.jpgresizeP1010516.jpg
今回はプレスラインを使って塗装範囲を決めました。
ボディカラーで塗っていきます。
resizeP1010517.jpgresizeP1010518.jpgresizeP1010519.jpg
ボディカラーで塗装後にクリアーを塗装します。

完成

塗装が乾燥した後にコンパウンドで周りの景色が綺麗に写りこむまで磨いてぴかぴかにしたら完成です。

TOYOTA Porte 左リヤフェンダーキズ修理

ポルテの左リヤフェンダーキズを修理しました。

修理前の確認

ポルテが入庫しました。左リヤフェンダーを引っ掛けてしまったみたいです。ホイールまでキズがついてました。
resizeP1010403.jpgresizeP1010404.jpgresizeP1010405.jpgresizeP1010406.jpgresizeP1010408.jpg
修理は問題なくできそうです。

修理

早速修理していきます。まずキズのついた部分をヤスリがけを行いキズを取り除きます。
resizeP1010409.jpg
キズを取れたところでパテ付けしていきます。その後、ヤスリがけをしてボディラインを元通りに復元します。
resizeP1010410.jpgresizeP1010411.jpg

塗装

パテ付け、ヤスリがけを繰り返してボディラインが元通りになったところで塗装工程に入ります。
塗装はまずサーフェーサーを塗装します。次にボディカラーで塗装して最後にクリアーを塗装して完成です。
resizeP1010412.jpgresizeP1010413.jpg
仕上げにコンパウンドで周囲の景色がくっきり写りこむように磨いたら完成です。

TOYOTA PRIUSα リヤフェンダーキズ修理

左リヤフェンダーパネルの擦り傷を修理しました。

修理前の確認

PRIUSαが入庫しました。左側のリヤをすっています。リヤドアパネルもすれてしまっています。
P1010001.JPGP1010002.JPGP1010003.JPGP1010004.JPG

修理と塗装

まずはへこんだ面を元のボディラインまで戻す板金作業を行います。ここでしっかり直しておくと仕上がりがまったく違います。
ボディラインを戻したら傷ついたパネルのキズ取りから行います。キズ取りはヤスリがけでパネル表面のキズをすべて取ってしまいます。
ドアパネルも同じようにヤスリがけでキズをすべて取り除きます。

ボディラインの修復とキズが取れたら削った面をパテ付けして元のボディラインになるように修復していきます。

塗装します。まずはサーフェーサーから塗っていきます。サーフェーサーを塗った時点で細かい穴やキズが残っていればもう一度やすりがけとパテ付けをして完全に綺麗な面を再生します。

いよいよボディカラーで塗装していきます。ボディカラーで塗装し乾燥させたらクリアーを塗装します。

完成

最後にコンパウンドでぴかぴかになるまで磨いたら完成です。綺麗に直りました。P1010063.JPGP1010065.JPG

スズキ Kei 02センサー交換

スズキ ケイ のO2センサーを交換しました。

はずすだけのはずなのですが・・・

スズキのケイのO2センサーを交換しました。
というと簡単なのですが、思いのほか大変な作業になってしまいました。

O2センサーを交換しようとしてはずそうとしたらセンサーがねじ切れてしまいました。
おそらく、取り付ける時にねじがずれて固着してしまったのだと思います。

O2センサーをとにかく取り出す

エキマニのO2センサーがねじ切れてしまったのでセンサー部分をぐるっと焼ききって取り出します。
P1010005.JPGP1010006.JPG
切り出し完了です。
P1010007.JPG
この部分にO2センサーに合うナットを溶接してつければ元通りになる予定でした・・・。
しかしO2センサーのねじ山に合うナットがありません。ちょっと特殊でした。

結局中古部品を準備して交換修理しました。ちょっと遠回りした作業でした。
P1010022.JPGP1010023.JPG

スズキ スイフト フェンダー・ドア・スポイラー修理

車体後ろ側全体に傷・ヘコミのあるスズキ SWIFTを修理しました。

修理前の確認

スズキのスイフトを修理します。
前から見ると傷は目立ちませんがリヤバンパー・フェンダーパネル、サイドステップに傷とヘコミがあります。
resizeP1000574.jpg
リヤフェンダーパネルとドアに傷があります。フロントドアとリヤドアのつなぎ目にも小さいヘコミがあります。
resizeP1000575.jpgresizeP1000576.jpgresizeP1000577.jpg
サイドステップをも傷がついています。ボディ側にも傷があります。
resizeP1000578.jpgresizeP1000579.jpg
助手席側のリヤフェンダーパネルにも傷がついています。
resizeP1000580.jpg
全体的に傷とヘコミがありますので、1つ1つ丁寧に修理作業をしていきます。この程度の傷とヘコミであれば問題なく綺麗に修復できます。

修理

サイドステップをはずしてヘコミ部分を元のボディラインまで引き出します。
resizeP1000582.jpg
このヘコミを引っ張り出します。引っ張り出しようの工具をボディに溶接しバランスを見ながらボディを引っ張り出します。
resizeP1000583.jpgresizeP1000584.jpg
フェンダーパネルとドアのへこみも元のボディラインになるように引っ張り出します。
resizeP1000585.jpgresizeP1000586.jpg
引っ張り出した後はヤスリがけを行い傷をすべて取り除きます。傷の段差をすべて取り除きパテ付けを行いボディラインを修復していきます。すべての傷・ヘコミでヤスリがけとパテ付けが完了したら次は塗装工程です。

塗装

マスキングを行いサーフェーサーから塗装していきます。必要なところに必要なだけ塗装するためにきっちりマスキング処理を行います。
リヤフェンダーの塗装です。サーフェーサーを塗った後にボディカラーで塗装しました。
resizeP1000622.jpgresizeP1000623.jpgresizeP1000624.jpgresizeP1000625.jpg
ボディも全体できるだけパネル丸ごと塗装していきます。塗装のつなぎ目が目立たないようにするためです。
サーフェーサーを塗りその後にボディカラーで塗装していきます。
resizeP1000626.jpgresizeP1000627.jpgresizeP1000628.jpgresizeP1000629.jpgresizeP1000630.jpg
仕上げにクリアーを塗装して塗装は完了です。

完成

仕上げにコンパウンドで磨きます。磨いた後はボディに塗装ブースの蛍光灯ランプが綺麗に映り込んでいます。
resizeP1000632.jpgresizeP1000633.jpg
サイドステップも綺麗に直りました。
resizeP1000634.jpg
これで完成です。綺麗な状態に修復できました。
resizeP1000635.jpg

MAZDA CX-5 リヤバンパー修理

CX-5のバンパーを交換修理しました。

修理前の確認

CX-5が入庫しました。リヤバンパー左側をぶつけてしまったようです。バンパーの傷とゆがみから見ると強くぶつかったのではないでしょうか?
resizeP1000551.jpg
センサー部分が割れてしまっています。
resizeP1000552.jpg
フェンダーパネルとのつなぎ目もゆがんでしまっています。
resizeP1000553.jpgresizeP1000554.jpg
はずしてバンパーの裏側をチェックします。ヘコミ等大きな傷はありませんでした。
resizeP1000555.jpgresizeP1000556.jpgresizeP1000557.jpg
今回は交換修理となりましたので、バンパーを入手して交換作業を行います。バンパーのセンサー取り付け位置などは開いていません。ですので穴などは全部同じ位置にあけなおしを行います。

修理

バンパーパーのセンサー穴位置を元々のバンパーから調べてコピーします。コピーした位置にマーキングをして穴あけ加工を行います。
resizeP1000558.jpgresizeP1000559.jpgresizeP1000560.jpg
同じ位置に穴あけできました。
resizeP1000561.jpg

完成

バンパーの穴あけが終わったら組み付けをして完成です。ブレーキランプやセンサーを元の位置に戻していきます。
これで完成しました。元どおりに戻すことができました。
resizeP1000562.jpg

BMW ラジエターサブタンク 交換作業

BWW のラジエターサブタンクを交換しました。このサブタンクは結構割れやすいみたいです。インターネットでもあちこちで修理報告があがっています。

修理前の確認

まずはジャッキアップで下から調べてみます。水漏れしているのが確認できました。原因を調べるためにラジエターとラジエターサブタンクを取り外してみます。
resizeP1000545.jpgresizeP1000546.jpg

修理作業

部品を取り外すのですが、結構大変です。ファンを含め回りの部品をはずして取りました。
resizeP1000548.jpgresizeP1000549.jpg
サブタンクを取り外してみました。ひび割れしていました。このサブタンクが樹脂劣化でひび割れしてしまうみたいです。
resizeP1000547.jpg
サブタンク内部のサーモスタットも粉々に壊れていました。これが結構厄介で、破片がエンジンルームまで流れてしまうと水の流れを止めてしまい、エンジンを冷却できなくなってしまいます。ホースの中の破片もすべて取り除く必要があります。今回も隅々まで調べて取り除きました。
部品自体は新品交換です。
resizeP1000621.jpg

完成

ばらした部品をすべて組みなおして水漏れがないことを確認したら完成です。

NISSAN R31 SKYLINE リヤスポイラー 修理

ニッサン R31 スカイラインのスポイラー修理です。痛んでいたスポイラーを現車に合わせて塗装しなおし装着しました。

修理前の確認

今回のお客さんは以前フロントスポイラーの修理依頼をいただいたお客さんです。鉄仮面風にフロントスポイラーを仕上げました。前回に続いて今回はリアスポイラーの修理依頼をいただきました。
現物をチェックするとリアスポイラーのあちこちに塗装のはがれと欠けがありました。まずはヤスリがけとパテ付けを行い表面をきれいに元に戻す必要があります。
resizeP1000656.jpgresizeP1000657.jpgresizeP1000658.jpgresizeP1000659.jpgresizeP1000660.jpg
また、元々ボディの固定用に使っていた両面テープが固着して残っています。これも塗装前に綺麗にはがす必要があります。塗装後にはがそうとすると傷がついて台無しになってしまいます。
resizeP1000661.jpgresizeP1000662.jpgresizeP1000664.jpg

修理作業

早速作業を開始します。まずは塗装のはがれと欠けをヤスリがけで取り除いていきます。ヤスリがけの箇所はたくさんありますが、1つずつ丁寧に削っていきます。
resizeP1000665.jpgresizeP1000666.jpgresizeP1000667.jpg
resizeP1000668.jpgresizeP1000669.jpgresizeP1000670.jpg

スポイラーの角は欠けも多いので綺麗に傷を取り除く必要があります。
resizeP1000671.jpgresizeP1000672.jpgresizeP1000673.jpg
削っていくと中から小さいな穴が出てきました。元々の樹脂が内部で劣化したみたいです。これもできる限りパテ付けして直します。

resizeP1000674.jpg
固着していた両面テープをはがします。綺麗にはがさないと次のテープがしっかり取り付けできませんので完全に取り除きます。
resizeP1000675.jpgresizeP1000676.jpg
ごっそり取れました。
resizeP1000677.jpg
取り除くものはすべて取り除いたところでパテ付け作業に進みます。パテ付けしてヤスリがけしてを繰り返してもとのスポイラーのラインを復元していきます。
resizeP1000678.jpg
巣穴になってしまったところもパテをしっかり入れていきます。
resizeP1000679.jpgresizeP1000680.jpgresizeP1000681.jpg
巣穴になってしまったところもパテをしっかり入れていきます。
resizeP1000682.jpgresizeP1000683.jpgresizeP1000684.jpgresizeP1000685.jpg

塗装

最初にサーフェーサーを塗ってその次にボディカラーで塗装していきます。
resizeP1000687.jpgresizeP1000688.jpgresizeP1000689.jpgresizeP1000690.jpgresizeP1000691.jpgresizeP1000694.jpgresizeP1000695.jpg
塗装作業中に小さな穴を見つけたので塗装をいったん乾燥させてヤスリがけパテ付け処理を行いました。
resizeP1000696.jpg
塗装作業再開です。ボディカラーで塗装していきます。
resizeP1000697.jpgresizeP1000698.jpg
両面テープも塗装前に張り込んであります。取り付けるときに保護テープをはずしてボディに装着すればOKです。
resizeP1000699.jpgresizeP1000700.jpgresizeP1000701.jpgresizeP1000702.jpg
最後にクリアーを塗って乾燥させます。

完成

仕上げにコンパウンドでぴかぴかにします。景色が綺麗に映りこむように仕上がったら完成です。無事にお客さんにお渡しできました。

TOYOTA VOXY リヤゲート リヤバンパー フロアパネル修理

トヨタ ボクシーが入庫しました。リヤゲートをぶつけて損傷しています。

修理前の確認

今回のボクシーはリヤゲートドアがへこんでしまっています。リヤバンパーもつぶれていました。
resizeP1000251.jpgresizeP1000252.jpgresizeP1000294.jpgresizeP1000295.jpg

ゆがみがフェンダーパネルまでに及んでいることがわかります。
resizeP1000296.jpg

内部を確認してみます。車内のパネルも割れてしまっていました。
resizeP1000297.jpgresizeP1000298.jpgresizeP1000300.jpgresizeP1000302.jpg

リヤゲートもつぶれてゆがんでいることがわかります。
resizeP1000305.jpgresizeP1000306.jpgresizeP1000307.jpgresizeP1000314.jpgresizeP1000315.jpg
室内を上から確認してみるとゆがんでいることがわかります。
resizeP1000316.jpgresizeP1000317.jpg

修理

まずは室内部品を取り外していきます。
resizeP1000322.jpgresizeP1000323.jpgresizeP1000324.jpgresizeP1000325.jpgresizeP1000329.jpgresizeP1000330.jpgresizeP1000331.jpgresizeP1000332.jpg
部品をはずしたところでフレーム修正機でへこんだところを引っ張りだしていきます。
resizeP1000333.jpgresizeP1000334.jpgresizeP1000335.jpg
あぶってやわらかくしてゆがみを直していきます。
resizeP1000336.jpgresizeP1000337.jpg

リヤゲートドアは交換修理しました。
resizeP1000356.jpg

塗装

板金修理が完了したところで、塗装工程に入っていきます。マスキングをして塗装していきます。
resizeP1000357.jpgresizeP1000358.jpgresizeP1000359.jpg

resizeP1000360.jpg
ボクシーはチッピングコートが塗装してあったので純正にあわせてチッピングコートを塗っていきます。
チッピングコートはボディへの石はね用のクッションコート剤です
resizeP1000361.jpgresizeP1000362.jpgresizeP1000384.jpg
チッピングコートが乾いたところでボディカラーを塗っていきます。
resizeP1000385.jpgresizeP1000386.jpgresizeP1000387.jpg
サイドステップも同じように塗っていきます。
resizeP1000388.jpgresizeP1000389.jpg
乾燥後にクリアーを塗っていきます。コンパウンドで磨いて景色が綺麗に写りこむまでに仕上げたら塗装完了です。

完成

はずしていた部品を組みなおしと部品交換を行い完成です。
resizeP1000391.jpgresizeP1000392.jpgresizeP1000393.jpg

TOYOTA PRIUS フロントバンパー・フェンダー修理

TOYOTA プリウスのフロントバンパーとフロントフェンダーを修理しました。

修理前の確認

まずは全体をチェックします。
フロントバンパーの右前方が壊れています。ヒビと欠けがあり衝撃が強かったことがわかります。バンパーはウレタンでやわらかいのでここまで傷がつくと衝撃が強かった証拠になります。
resizeP1000200.jpgresizeP1000201.jpg
フェンダーパネルとバンパーパネルのチリもつぶれてしまっていました。
resizeP1000202.jpgresizeP1000203.jpg
フロンフェンダーも左側はゆがんでしまっていました。
resizeP1000238.jpgresizeP1000239.jpg

修理

まず左フェンダーのゆがみから修正します。ぶつかった部分を修復して整えます。
resizeP1000240.jpgresizeP1000241.jpg

フロントバンパーをはずすと左側のバンパーホルダーが割れていました。これも修理します。
resizeP1000242.jpgresizeP1000243.jpg
電熱ホッチキスで溶着して固定します。
resizeP1000262.jpg
フェンダーもパテ付けしてヤスリがけを行いボディラインを修復します。
resizeP1000245.jpgresizeP1000246.jpg

塗装

サーフェーサーを塗って塗装の準備から始めます。
resizeP1000247.jpg
バンパーは交換修理で対応します。まずはヤスリがけで足付けを行いサーフェーサーを塗装しました。
resizeP1000248.jpg
ボディカラーを塗装します。バンパーは丸ごと一本塗装します。
resizeP1000249.jpgresizeP1000250.jpg
フェンダーパネル・ドアまで塗って塗っていきます。
resizeP1000256.jpgresizeP1000257.jpg
フロントバンパーのセンサー取り付け穴がなかったのでマスキングテープでマークをしてドリルで穴あけします。
resizeP1000258.jpgresizeP1000259.jpgresizeP1000260.jpgresizeP1000261.jpg
仕上げにクリアーを塗装してコンパウンドで磨いていきます、綺麗に景色が写りこんだら完成です。

完成

綺麗に修理が完了しました。
resizeP1000271.jpg

ホンダ フィット フロントバンパー ロッカーパネル修理

ホンダ フィットが入庫しました。フロントバンパーとロッカーパネルの修理を行います。

修理前の確認

まずは全体をチェックします。
フロントバンパーの下部に擦り傷がありました。
resizeP1000341.jpgresizeP1000342.jpg
ロッカーパネル(ドア下の側面)にも傷・へこみがありました。
resizeP1000343.jpgresizeP1000344.jpg

修理

まずはヤスリがけで綺麗に傷を取り除きます。ヤスリがけで表面を平らにしたパテ付けです。
resizeP1000345.jpgresizeP1000346.jpg
パテ付けとヤスリがけを繰り返してボディラインを完璧に修復していきます。
resizeP1000347.jpgresizeP1000348.jpg

塗装

サーフェーサーから塗装していきます。サーフェーサーで塗装面の下地を整えます。
resizeP1000349.jpgresizeP1000350.jpg
今回はチッピングコート(ボディへの飛び石等があったときに目立たなくするクッション塗装)が塗ってあったのでチッピングコートも純正同様に塗装していきます。
resizeP1000351.jpg
こんな感じのゴムみたいなクッション塗料です。
resizeP1000352.jpg
チッピングコートを塗った後にボディカラーをで塗装をしていきます。フロントバンパーとロッカーパネルを綺麗に塗装します。
resizeP1000353.jpgresizeP1000354.jpgresizeP1000355.jpg
塗装が完了したら最後にクリアーを塗装してコンパウンドで磨いていきます。周りの景色が綺麗に写り込むようになったら完成です。

三菱 デリカ ボンネット・フェンダー・リアゲートドア傷修理

三菱 デリカが入庫しました。車のあちこちに傷があります。

修理前の確認

まずは全体をチェックします。
resizeP1000161.jpg
ボンネットに傷があります。
resizeP1000162.jpgresizeP1000163.jpg

サイドステップは大きめな擦り傷がありました。
resizeP1000164.jpgresizeP1000165.jpg

リヤゲート ドア、リヤバンパーにも傷がありました。
resizeP1000166.jpgresizeP1000168.jpgresizeP1000169.jpg
今回の修理は車全体です。ボンネットからリヤゲートまで傷があります。これをひとつず丁寧に修理していきます。

修理

まずはヤスリがけとパテ付けです。ヤスリがけで綺麗に傷を取り除きます。
取り除いた後にはパテ付けをを行いボディラインを修復します。
バンパーのヤスリがけ部分です。綺麗に傷をとっていきます。
resizeP1000172.jpg
サイドステップへのパテ付け中です。パテ付けとヤスリがけを行いボディラインを戻していきます。
resizeP1000173.jpg
リヤバンパー・リヤゲートドアもしっかり修理していきます。
resizeP1000174.jpgresizeP1000175.jpg

塗装

最初にサーフェーサーで塗装します。サーフェーサーは塗装面の下地つくりのために行います。
resizeP1000180.jpgresizeP1000181.jpgresizeP1000182.jpgresizeP1000183.jpg
次にボディカラーで塗装します。今回の塗装は1枚丸ごと塗って塗装のつなぎ目を自然に仕上がるように塗ります。
resizeP1000184.jpgresizeP1000185.jpgresizeP1000186.jpgresizeP1000187.jpg
ボディカラー塗装後にクリアーを塗装します。塗装が完全に乾燥した後にコンパウンドで磨きます。コンパウンドで磨いた部分に周りの景色が綺麗に写りこむように仕上げて修理は完了です。

SUZUKI SWIFT フェンダーパネル バンパー 傷修理

SUZUKIのスイフトの修理を行いました。

修理前の確認

今回のSWIFTは右フェンダーパネルとフロントバンパーに傷があります。この傷を修理していきます。またヘッドライトが曇っているので磨きこみとクリアー塗装で透明度を回復したいと思います。
resizeP1000126.jpgresizeP1000127.jpgresizeP1000128.jpgresizeP1000129.jpg

修理

まずは傷の回復修理です。ヤスリがけで傷ついたボディ面を平らにしていきます。
ヤスリがけの後でパテ付けを行い、ボディラインを元に戻していきます
resizeP1000134.jpg
ヤスリがけとパテ付けでボディラインが元に戻りました。
resizeP1000135.jpg

塗装

まずはサーフェーサーを塗って塗装の準備です。
resizeP1000136.jpg
今回はヘッドライトの曇り取りがありますので、まずはヘッドライトを残してマスキングしていきます。使っているうちにヘッドライトは曇ってしまいます。
resizeP1000138.jpgresizeP1000139.jpg
表面を磨いてくすみを取り除きます。
resizeP1000143.jpgresizeP1000144.jpg
仕上げにクリアーを塗装して保護幕を作ります。当然ボディ塗装用のクリアーを塗装していますから、そうそう曇りやくすみは発生しません
resizeP1000140.jpgresizeP1000141.jpg
ヘッドライトの曇り取りが終わったところでヘッドライトもマスキングして塗装していきます。まずはボディカラーで塗装します。
resizeP1000142.jpg
乾燥後にクリアーを塗装します。仕上げにコンパウンドで磨いて周りの景色がゆがみなく移りこむようになったら無事に完成です。

BMW サイドステップ フロアパネル修理

BMWのサイドステップを修復しました。

修理前の確認

まずは、修理箇所の確認です。上から見てる分にはわかりません。
resizeP1000215.jpgresizeP1000216.jpg

ジャッキアップして下から見ていきます。
resizeP1000217.jpgresizeP1000218.jpg
ぶつけてた部分のアンダープレートが破れてしまっていました。

resizeP1000219.jpg
よく見るとサイドステップの一部欠けてしまっています。引きずったような後がプレートからつながっています。
アンダープレートをはずしてさらに下回りを確認してみます。

resizeP1000221.jpgresizeP1000222.jpg
フロアパネルとボディパネルのつなぎ目がゆがんでしまっていました。

修理

まずはゆがみを直して防水処置を行います。曲がりを丁寧にもとの形に修復していきます。
resizeP1000224.jpgresizeP1000225.jpgresizeP1000226.jpg

サイドステップの欠けてしまった部分も再生していきます。まずはかけた部分から大まかな形をとり部品を作ります。
resizeP1000227.jpgresizeP1000228.jpg

作った部品をサイドステップに接合します。今回も電熱ホッチキスを埋め込んで接合しています。
resizeP1000229.jpgresizeP1000232.jpg

接合がまずは完了しました。
resizeP1000233.jpg
余分な足を切り取り平らに仕上げていきます。
resizeP1000234.jpg
元々割れた部分には取り付け穴が開いていたので穴を開けます。
resizeP1000235.jpg
強度の出るファイバー入りのパテで表面を整えます。
resizeP1000236.jpg
ほかの傷部分も一緒にパテ付けして平らにしていきます。
resizeP1000237.jpg
ヤスリがけをして元のラインを完全に再生して修理完成です。resizeP1000253.jpg
修理中にリヤ側の塗装浮きがあり、こちらも修理することになりました。
この部分が浮いています。
resizeP1000263.jpg
削ってみるとパテが入っていて修理した後があります。
resizeP1000264.jpg
削って浮いている部分をきれいにします。
resizeP1000265.jpg
パテ付けとヤスリがけを繰り返してボディラインを修復していきます。
resizeP1000266.jpgresizeP1000272.jpgresizeP1000273.jpg

塗装

修理が完了したら今度は塗装です。まずはサーフェーサーで足付けして塗装の準備を行います。ここで塗装面に小さな傷や穴が見つかったときは再度パテ付けを行うのですが、今回は一発でOKでした。マスキングはいつものとおり車体下側に回りこまないように下まで伸ばしてマスキングします。
resizeP1000254.jpgresizeP1000268.jpg

ボディ側もサーフェーサーを塗っていきます。
resizeP1000274.jpg
ボディカラーで塗っていきます。綺麗にきっちり塗装をしていきます。
resizeP1000269.jpgresizeP1000267.jpgresizeP1000270.jpg
乾燥したらクリアーを塗装します。そしてコンパウンドで磨いてピカピカに景色が写りこんだら塗装と修理は完了です。

トヨタ ハイエース スライドドア・フェンダーパネル修理

ハイエースのスライドドアとフェンダーパネルを修理しました。

修理前の確認

まずは、傷をチェックしていきます。
スライドドアからリヤフェンダーパネルにかけて傷が入っています。スライドドアとフェンダーパネルの境目で引っかかったみたいで傷が深くなっていました。
resizeP1000069.jpgresizeP1000070.jpgresizeP1000071.jpgresizeP1000072.jpgresizeP1000073.jpgresizeP1000074.jpg
パネルのつなぎ目。
引っかかって傷が深くなっています
resizeP1000078.jpgresizeP1000079.jpg
ホイールも傷ついていました。
resizeP1000075.jpgresizeP1000076.jpgresizeP1000077.jpg

板金修理

症状がわかったので修理を進めます。ボディは板金修理で修理しますが、まずはヤスリがけで傷を綺麗に取り除いていきます。つぶれてしまったボディラインは引っ張り出して元の形に復元していきます。
板金修理でできるだけ戻した後はパテ付けで元のボディと同じ形に復元していきます。
resizeP1000080.jpg
パテ付けまで終わりました。
パテ付けしたところをヤスリで磨いていきます。ここできっちりもとのボディラインを復元してボディ修理は完了です。
resizeP1000081.jpg

塗装

最初にサーフェーサーを塗装し塗装の下地を作っていきます。
resizeP1000082.jpgresizeP1000083.jpgresizeP1000084.jpgresizeP1000085.jpg

完成

塗装が完了した後はコンパウンドで周りの景色がくっきり写りこむようになるまで磨きます。ぴかぴかに仕上げたら無事完了です。

Alfa Romeo ロッカーパネル修理

アルファロメオをロッカーパネルを修理しました。

修理前の確認

今回はアルファロメオです。ジャッキで持ち上げるときにジャッキマウンポイントを間違えてしまったみたいです。結果的にパネルがつぶれてしまい、ロッカーパネルのゆがみが発生してしまいました。
P1000089.JPG
ジャッキアップでパネルがつぶれてしまっています。ジャッキポイント4箇所すべて同じようにつぶれてしまっていました。
P1000090.JPGP1000091.JPGP1000092.JPGP1000093.JPG

板金修理

板金修理を行います。修理はつぶれてしまったところを切り開いて少しずつ引っ張り出します。
まずは開口します。
P1000095.JPG
その後たたけるところは叩いて元のボディラインに近づけていきます。

P1000096.JPGP1000097.JPGP1000098.JPGP1000099.JPGP1000100.JPG
ある程度元に戻ったところでボディを溶接してくっつけます。
P1000101.JPG
くっつけた後フレーム修正機で全体のゆがみを修復していきます。
P1000102.JPG
ボディが元に戻りました。
P1000103.JPG
パテ付けして元のボディラインを復元します。きっちりボディラインを復元していきます。
P1000104.JPGP1000105.JPG

塗装

板金修理が完了したので塗装を行っていきます。まずはサーフェーサーを塗って塗装下地を作ります。
P1000106.JPGP1000107.JPGP1000108.JPGP1000109.JPG
次にボディカラーで塗装します。今回はボディの下部なので石はね防止のピッチングコートも塗装しました。
P1000110.JPGP1000111.JPGP1000112.JPGP1000113.JPGP1000115.JPGP1000116.JPG

完成

この後クリアーを塗装しコンパウンドで磨いたら完成です。

HONDA アコードハイブリッド バンパー修理

ホンダ アコードハイブリッド のフロントバンパーの傷を修理しました。

修理前の確認

今回はアコードの修理です。フロントバンパーを確認するとあちこちに傷があります。
resizeP1000046.jpg
左フロントタイヤ付近に傷が多くありました。パテ付けして修理を行えば綺麗に修理できます。
resizeP1000047.jpgresizeP1000049.jpgresizeP1000051.jpg

板金修理

まずはヤスリがけで綺麗に傷を取り除きます。その後パテ付けを行い、元のボディラインを復元します。
resizeP1000053.jpgresizeP1000054.jpg

塗装を行い完成

修理が完了したら塗装工程です。ボディカラーでまず塗装を行います。
ボディカラーで塗装した後にクリヤーを塗装します。
仕上げにコンパウンドで周りの景色がくっきり映りこむまで磨いて完成です。

一般板金・塗装


P1040287.JPG
弊社で修理した車の実績を紹介します。普段どのように修理板金に取り組んでいるか?皆様にお伝えしたいと思います。
LinkIcon弊社での修理実績はこちら

カスタム板金・塗装


P1040156.JPG
カスタムも弊社の得意分野です。イメージをお伝えいただければ弊社が実現いたします。過去のカスタムカー作成の実績をご覧ください。
LinkIcon弊社のカスタムカー作成履歴はこちら

Cel.png
お問い合わせはお電話でお願いいたします。
なんでもご相談ください。
TEL:048-799-1156
不在時直通携帯 090-8689-7205