社長のつぶやき2014~2015 |さいたま市岩槻区のオオクボ自動車です。自動車のことはお任せ下さい!

さいたま市岩槻区で25年。車のキズ・へこみ修理からカスタムカー作製まで、オオクボ自動車にお任せください!

logo.jpg

ご依頼・ご相談・お問い合わせは
TEL 048-799-1156

お問い合わせの際はホームページを見たとお伝えください
従業員応募もお電話ください。)
不在時 直通携帯 TEL 090-8689-7205

navi_05.jpgnavi_05.jpgnavi_06.jpgnavi_06.jpgnavi_07.jpgnavi_07.jpgnavi_08.jpgnavi_08.jpgnavi_09.jpgnavi_09.jpgnavi_10.jpgnavi_10.jpg

HOME > ブログ > 社長のつぶやき2014~2015

社長のブログ

ここでは社長のオオクボの日々をのんびりゆるく語っていきたいと思います。

2015年12月7日
スモークフィルムの貼り直しでレアケース

こんにちは。オオクボ自動車 大久保です。

普段スモークフィルムってどうやって貼ってますか?ふつうにフィルム買ってきて説明書通りペタペタ・・・と貼っていくはずです。
私もその方法以外はやったことがありません。
…先日ブルーバードワゴンのスモークフィルムの貼り直しを行ったのですが、貼り直すのにガラスを外さないと交換できませんでした。
これはかなりレアなケースです。まぁ、なんとか交換できましたが、こんなこともあるのか…と改めて思いなおしました。

P1020937.JPGP1020936.JPG
フィルムをはがしてる途中です。

P1020938.JPGP1020935.JPG
なんとかはがし終わりました。
この後綺麗に貼り直して完成です。

2015年12月5日
ドライブシャフトの交換しました。

こんにちは。オオクボ自動車 大久保です。

ドライブシャフトのブーツ交換の依頼を受けました。弊社は板金塗装が本業ですが、部品交換作業等自動車整備も得意です。

P1020926.JPGP1020928.JPG
交換前はこのようにオイルまみれになっています。まだ破れていませんが放置すれば確実に破ける部品です。

P1020925.JPGP1020927.JPG
新品に交換しました。これでまた安心して乗ることができますね。

2015年10月30日
オオクボ自動車のマスキング

こんにちは。オオクボ自動車 大久保です。

今日はちょっと、弊社のこだわりを紹介します。
塗装の前に行うマスキングです。マスキングは塗料を塗るときに塗料が付いたら困る部分を隠す作業です。
修理実績の車を見た頂ければわかりますが、お客様の車が綺麗により純正らしくなるようにきっちりとしたマスキングにこだわっています。
色を塗るところは色を塗る色を塗らないところは色を塗らない。
少しの部分でもきっちりマスキングしています。

塗装ミストの回り込み防止

エンジンルームやシャーシの下周りなど、普段人目には付かないところです。しかし、だからと言って塗装がついて良いわけではありません。ですのでミストが回り込まないようにマスキングしています。
P1020593.JPGP1020633.JPG

細かいところもピッチリマスキング

塗装するパネルと塗装しないパネルの細かい境目も綺麗にマスキングします。
P1020706.JPGP1020708.JPG

タイヤハウス内部もマスキング

タイヤハウスのねじなど塗装パネルではないところは人目に見えないので適当にされがちなのですが、弊社ではきっちりマスキングしています。
P1020712.JPGP1020713.JPGP1020705.JPG

2015年10月10日
純正溶接が割れました。

こんにちは。オオクボ自動車 大久保です。

マフラーが取れたとのことで修理したのですが、純正の溶接目が割れていました。
こういうこともあるんだ?って感じです。

マフラーを外して
P1020509.JPGP1020510.JPG

取れているところを良く見ると普通に純正の接合部が取れてしまっています。
P1020511.JPG

取れてしまった部分を磨き直して、再溶接して修理完成です。
P1020512.JPGP1020513.JPG

2015年9月30日
埼玉県立春日部高等技術専門校での授業風景

こんにちは。オオクボ自動車 大久保です。

普段は板金修理をしている私ですが埼玉県立春日部高等技術専門校で講師もしています。そこでの授業風景をご紹介します。

こんな感じで授業をしています。
S__1843398.jpg

今回オオクボ自動車のホームページに載せるよ。と言ったらみんな喜んでくれました。
みんな一生懸命授業を受けてくれるので教えがいがあります。
S__1843399.jpgS__1843400.jpgS__1843401.jpg

2015年9月25日
大掃除

こんにちは。オオクボ自動車 大久保です。

自社用に買った車を徹底的に大掃除をしてみました。これでかなり綺麗になります。
まずはシートやフロアマットなどを全部はずして掃除します。
P1020424.JPGP1020425.JPGP1020426.JPGP1020427.JPGP1020428.JPGP1020429.JPGP1020431.JPGP1020430.JPG

シートは見ての通り汚れています。あちこちにシミがあります。この汚れを高圧洗浄機で洗い流します。
P1020432.JPGP1020433.JPG

御覧の通りシミがきれいに落ちました。
P1020434.JPGP1020435.JPGP1020436.JPG

続いて車内も徹底的に掃除していきます。内装パネルを全部はずします。
S__1843391.jpgS__1843392.jpgS__1843395.jpg

内装と呼べるものはすべてはがしました。見ての通りです。ルーフもフロアも全てはがしました。
P1020422.JPGP1020423.JPG

取り外したパネルはすべて高圧洗浄機で洗います。
S__1843393.jpgS__1843394.jpgS__1843396.jpgS__1843397.jpg

これでかなり綺麗になりました。この後組み立てて無事に大掃除完了です。

2015年8月31日
モンキークラッチ修理

こんにちは。オオクボ自動車 大久保です。

ちょこちょこいじっているモンキーですが、クラッチが壊れてしまったので修理しました。
症状としてはクラッチが切れてもギヤチェンジ出来なかったのです。
P1020191.JPGP1020192.JPGP1020193.JPG
分解してみたらクラッチ用のスプリングが割れて取れていました。
部品をオーバーホールして割れたスプリングを注文しています。届いたら組み立てて完成です。

2015年8月20日
御礼申し上げます。

こんにちは。オオクボ自動車 大久保です。

弊社のホームページを立ち上げて1年8カ月になりました。
最近「ホームページを見て電話しました」とご連絡いただけるお客様が大変増えてきました。

私は、お客様とまずはお話しさせて頂き弊社の考えを理解して頂きたいと考えています。そのうえでお客様に最良で120%御満足していただける修理・カスタムをさせていただきたいのです。

弊社のコンセプトを理解していただけるお客様からたくさんのお電話を頂け大変うれしく思っております。

今後ともオオクボ自動車をよろしくお願いいたします。お気軽にお電話ください。

「まずはお話しいたしましょう!。」

2015年7月25日
ウレタン素材の治し方

こんにちは。オオクボ自動車 大久保です。

ウレタンバンパーが大きく破れるてしまった時の修理方法をちょっとご紹介します。
大きく裂けてしまった時はまずくっつける事が先決です。そんな時はこの道具を使います。

↓↓これです。
P1010971.JPGP1010972.JPG

板金用のホッチキス見たいな道具です。以前にも紹介してるかもしれませんけど…
これを裂けたところにバシバシ打ち込んでいきます。熱で溶かして押し込むのです。
P1010970.JPGP1010973.JPG

こんな感じで繋がっていきます。このときにギザギザ部分がポイントでこのギザギザがウレタンに押し込まれると強度がでてしっかりくっつきます。
この後余分なピンをきってウレタン用パテで成形し塗装すると見事に修正完了です。
P1010974.JPGP1010975.JPGP1010976.JPG

2015年7月13日
自宅の植木を切りました。

こんにちは。オオクボ自動車 大久保です。

植木ってすぐに伸びてしまいますよね。以前は業者さんに任せていたのですが、最近は自分で枝切りをしています。

一日がかりですが、玄関から家の周りまですべて枝をきれいにしました。
自分でやっても結構良い仕上がりになるのです。
S__1474579.jpgS__1474582.jpgS__1474585.jpgS__1474587.jpg

これでしばらくはスッキリするでしょう。

2015年6月27日
考えている事

こんにちは。オオクボ自動車 大久保です。

最近いろいろ考えています・・・オオクボ自動車らしい物は何か?ということです。オオクボ自動車は板金屋さんですから板金は当然やっていきますが、それとは別の"何か"をやっていきたいんです。

いろいろ考えた結果、周りの車屋さんでやってないことをやろう。ということにしました。ワンオフ物や舞台装置のように1つしか作らない物など。普通だったら会社の大道具さんが作るようなものを作っていこうかと思っています。

たとえば

  • ミゼットのレプリカ
  • アンパンマンの250ccの車
  • 戦車のレプリカ

これらを車検を取得して行動を走れるインパクトのある車両を作りたいと考えています。
高速道路をサンタのコスプレをしたバイクの集団が走っていることはありますが、アンパンマンとバイキンマン、ドキンちゃんが走っていたら絶対インパクトアあるはずです。

こんなことを考えています。舞台や撮影で必要な車やバイクなども作っていきたいですね。
何か考えをおもちの会社さんがいたらぜひお問い合わせください。

2015年6月17日
ホワイトウォールタイヤをプリウスに取り付けました。

こんにちは。オオクボ自動車 大久保です。

先月から取り組んでいたホワイトウォールタイヤを自分のプリウスに取り付けてみました。
これから使ってみて問題がないか確認していきます。

せっかくなのでワイヤーホイールを取り付けてオーバーフェンダー加工をしてみました。
オーバーフェンダーは中古で安い物を買ってきましたが修正が思ったより多く工数が逆に増えてしまいました。
P1010734.JPGP1010735.JPGP1010736.JPGP1010737.JPG

オーバーフェンダー加工した後は取り付けて完成です。フェンダー裏側は思ったよりクリアランスがあったので無加工で取り付けました。

P1010738.JPGP1010739.JPGP1010740.JPGP1010743.JPGP1010744.JPG

思った以上にプリウスにマッチした仕上がりとなりました。プリウスでオーバーフェンダー取り付けている車なんてほとんどいないはずです。

2015年5月25日
ホワイトウォールタイヤの再現実験中です。

いつもお世話になります。オオクボ自動車 大久保です。

50年代のアメ車についていたホワイトウォールタイヤを塗装で再現できないか?ということになり国産タイヤで実験をしてみました。
タイヤに対する塗装なので、塗装の食い付きや耐久性を含めて実験しています。塗装で再現できれば国産の省エネタイヤで燃費、騒音性能を維持しつつクラッシックな雰囲気を作り出すことができます。

ある程度データが取れたらメニューに追加しようと思っています。お楽しみに!!
P1010665.JPGP1010666.JPGP1010667.JPG

2015年4月16日
想像以上!!ガラスコートをかけてみました。

いつもお世話になります。オオクボ自動車 大久保です。

最近話題になっているガラスコートを自社で使っているプリウスに施工してみました。
あまりに感動的で想像以上の成果があったのでご紹介します。

良く「洗車不要」を大きくアピールしているカーWAXがあると思いますが、あの手のワックスより数倍もまともです。
施工後のプリウスは汚れは濡れ雑巾で拭き取れば簡単に取れます。

また、洗車キズ(雑巾で噴き上げた時の傷・水を拭き取る時の傷。ボディに布を走らせたらキズになる。)がガラスコートをかけるとつかなくなります。

これは本当に驚きでした。
S__1105999.jpgS__1106002.jpgS__1106004.jpg

ちなみに、これだけガラスコートが丈夫に付けば板金塗装時はこの堅いガラスコートをはがさないと先に進むことができません。(今まで苦労したわけですね。)

さらに、余ったコーティング剤を見てみると固まってガラスそのもののようになっていました。

2015年3月31日
アメ車

いつもお世話になります。オオクボ自動車オオクボです。

今日ご紹介するのはこの車。

S__1007701.jpgS__1007703.jpg
実はエンジンもミッションも何にも無い状態なのですが、サイドモータースに車検とって乗れる車になるまで頼んであるウチの長男の車です。
先は長いのですが、完成が楽しみです。

2015年3月20日
グロリアヘッドライトの内部曇りとり

いつもお世話になります。オオクボ自動車オオクボです。
ヘッドライトは使っているうちに外気にさらわれたり紫外線を浴びたりして曇ってしまいます。新品のヘッドライトに交換すればきれになりますが、ヘッドライトって結構いい値段します。

そこで曇りとりメニューをいろいろな車屋さんがサービス提供しています。量販店でもヘッドライトの曇りとりメニューがあります。

オオクボ自動車でも曇りとりメニューを取り扱っています。しかし、気合いの入れ方が他店とは違います。
これが作業前です。
P1010428.JPG

これが作業後です。
P1010429.JPG
どうですか?めちゃくちゃ綺麗になっているでしょ?蛍光灯まで綺麗に写っているのがわかると思います。でも特別な事はやっていません。
ヘッドライトの内部を中性洗剤で綺麗に洗い、十分乾燥。
ヘッドライトの表面をきれいに磨き上げ。
最後にヘッドライトカバーをボディ塗装用のクリアで塗装して黄ばみ対策。

一般的なメニューですとコーティング剤を塗っていますが、オオクボ自動車ではボディ用塗料のクリアーを塗っています。ボディ用の塗料は車体の色褪せを防ぐ為の物です。なので外気に対して強さが違います。これをオオクボ自動車の技術力でヘッドライトカバーに均一にムラなく塗装しています。

2015年3月17日
ワンコの散歩と雑貨

いつもお世話になります。オオクボ自動車、大久保です。
先日ワンコの散歩に行ってきました。散歩の途中で一休みの写真です。
S__1007683.jpgS__1007684.jpgS__1007685.jpg

こちらは先日トリマーに行ってきたばかりの写真です。
毛が伸びると 毛の重さで耳が垂れるんですが、カットすると また 耳が立つんです。
S__1007687.jpg

犬ってかわいいですよね。

あと、これ↓
S__1007693.jpgS__1007695.jpgS__1007696.jpgS__1007697.jpg

16号沿いにあるエスニック雑貨屋さんで見つけた小物です。良い雰囲気だったので衝動買いしてしまいました。
普段のオオクボ自動車とは違った一コマのご紹介でした。

2015年2月25日
WAKO'Sの水漏止剤のインパクト

いつもお世話になります。オオクボ自動車オオクボです。
ちょっと前になりますが、ワコーズさん(株式会社和光ケミカルさん)の水漏れ止め剤を紹介しに営業さんが来てくれました。
目の前で水漏れ止めの実演をしてくれました。ラジエター等の水漏れに使えるとのこと。
まず空き缶の底に釘穴をたくさんあけてシャワー状態を作ります。そこに水を入れます。当然ジャージャーとシャワーになります。
P1010259.JPG

そこに水漏れ止めをキャップ一杯入れます。そうするとあっという間にジャージャー出ていた水がポタポタ…となり5秒ぐらいで止まってしまいます。
まるで手品を見ているかのような衝撃でした。

その他 ヒューエルワンなども紹介してもらいました。
P1010258.JPG
ガソリンと混ぜて入れてシリンダーや燃焼室・プラグなどをクリーニングするものです。最近のケミカル系の商品は化学の進歩でドンドン良くなっています。
こういった物もうまく利用していきたいものですね。

最後に営業さんと一緒にパチリ。
P1010257.JPG

2015年2月20日
バイクが売れました

バイクを修理して販売しました。ホンダ ジュリオです。このバイクは知り合いの床屋さんが気に入ってくれたのです。
P1010354.JPGP1010355.JPGP1010356.JPGP1010357.JPG
シートとボディの色の統一感がすごいと思いませんか?このジュリオは完全オリジナル塗装で仕上げてあります。
まず、レザー屋さんで座イスのシートを作ってもらいます。そのシートの色に合わせてボディカラーを調合して塗装してあります。

こうすることでシートとボディカラーの一体感をより強く出すことが出来ます。ボディ作ってからシートを作ろうとするとこの一体感は絶対に出すことができません。レザー屋さん持っている生地の色揃えにも限界がありますから。

なので、レザー屋さんにうちが合わせるのです。塗料は調合出来るので、なんでも対応出来ますからね。

こんなことも出来てしまいます。例えば車のシートに合わせてボディの色を合わせる…こんなことも可能です。是非ご相談ください。まずお話ししましょう。

2015年2月10日
埼玉県立春日部高等技術専門学校のお話し その2

こんにちはオオクボ自動車、大久保です。
前回に続き、私が講師をしている春日部高等技術専門学校のお話です。

今日は授業の風景と学校にある機材のご紹介です。

板金実習風景

自動車のドア修理実習の実習風景です。みなさん一生懸命に実習しています。
S__901181.jpgS__901182.jpgS__901183.jpg

学校にある機材のご紹介です

旋盤もボール盤もプロが使う機材をそのまま使って実習していますので、卒業後もスムーズに業務に就くことが出来ます。
S__901184.jpgS__901185.jpgS__901186.jpgS__901187.jpgS__901188.jpgS__901189.jpg

2015年2月7日
埼玉県立春日部高等技術専門学校のお話し その1

こんにちはオオクボ自動車、大久保です。
私は春日部高等技術専門学校で板金の先生をしています。当然担当教科は板金です。板金加工技術の基礎から応用まで教えています。当然実習もたくさんあり、生徒もいろいろなものを作っています。

今日はその作品を紹介します。

ハウルの動く城

S__901152.jpgS__901153.jpgS__901154.jpgS__901155.jpg

門松

S__901145.jpgS__901146.jpgS__901147.jpg

羽子板

S__901148.jpg

ギター

S__901149.jpg

自転車フレーム

S__901150.jpg

飛行機

S__901151.jpg

トラック型バーベキューグリル

S__901157.jpgS__901158.jpgS__901165.jpg

鉄腕アトム

S__901159.jpg

宇宙戦艦ヤマト

S__901161.jpgS__901162.jpgS__901163.jpgS__901164.jpg

トラック

S__901166.jpg

どれも力作です。当然板金の実習ですから全部、金属の板を加工して仕上げています。曲面も直線も全部金属の板ですよ。実習を繰り返せばみんなこのレベルまで到達することが出来るのです。

2015年2月3日
キーシリンダーを修理しました。

こんにちはオオクボ自動車です。
今日は先日行ったキーシリンダーの修理をご紹介します。
なんと車の鍵がキーシリンダーの中で折れてしまったとのこと。普通だったらキーシリンダーも鍵もドアの鍵まで全部交換…と高額修理コースになってしまうはずです。

ですが、オオクボではキーシリンダーを分解して折れたカギを取り出して見ました。あっさり修理完了です。
この方が費用も時間も少なくて済みます。
…なかなかこういった状態になるのも珍しいですけどね。無事に修理が出来て良かったです。

P1010279.JPGP1010280.JPGP1010281.JPG

2015年1月30日
衝突安全ボディのお話し

こんにちはオオクボ自動車、大久保です。
前回に続き技術的なお話です。
今回は衝突安全ボディについてです。

最近のミニバンや軽自動車ってどの車種もボンネットが付いていると思いませんか?20年ぐらい前のワゴンや軽トラはボンネットなんて無くて完全な箱型でした。

街中を走っている最近のミニバン、例えば日産 ノア、トヨタ ベルファイア、ホンダ オデッセイ…どれもフロントに小さいながらもボンネットが存在しています。
軽自動車もスズキエブリーにしてもホンダ N-ONEにしてもほとんどの車にボンネットが付いています。

これ、デザイン的な都合ではないんです。今日のお話の衝突安全ボディからきている事なんです。

1993年1月に「道路運送車両の保安基準」が改訂され、94年4月以降の新型車には前面衝突試験が義務付けられました。
その前面衝突試験で車内空間を守れないと試験をパス出来ません。ぶつかったときにクッションが必要です。…そうです。クッション=ボンネットということです。
これ前面衝突試験に対応するために自動車メーカーが行った対策なのです。

ボンネットを作ったということはその分、運転席が後ろに下がります。つまり有効室内空間容積が減ってしまった。ということなんです。
そんな中、トヨタ ハイエースや日産 キャラバンなどはバンパーがほとんどなく箱型を維持しています。それでも前面衝突試験にパスしているわけですからより高度な技術が用いられているはずです。

軽自動車の場合は前面衝突試験にパスするためにボンネットを搭載しましたが、その分有効室内空間が減り荷物が乗らなくなりました。
以前の車なら乗った荷物が新車に換えたら乗らなくなった…という困った現象もあちこちで聞かれました。

その対応かもしれませんが、1998年の道路運送車両法施行規則改定で軽自動車のボディサイズが現在と同じサイズまで拡張されました。業界がいろいろ文句を言ったのかもしれませんね。

2015年1月20日
板金が難しい鉄板(高張力鋼板)のお話し

こんにちはオオクボ自動車、大久保です。
今日は皆さんに鉄板の話をしたいと思います。みなさんは高張力鋼板という言葉を知っていますか?車に使っている鉄板のことです。
最近の車はほとんどが高張力鋼板を使用しています。

車は燃費改善という難題を解決するために軽くする必要があります。とするとボディやシャーシの鉄板を薄く・軽い材質にする必要があるのです。 しかし、薄くて軽いだけだと衝突安全基準をクリアできません。そこで、薄くて軽くても強度を保つことのできる高張力鋼板が採用されています。
ボディは高張力鋼板を使います。フロアやフレームは超高張力鋼板や超超高張力鋼板などの更に軽くて丈夫な鉄板が使用されています。

実はこの高張力鋼板が、板金屋泣かせで板金作業を難しくしている代物なんです。
まず工具なんですけど、高張力鋼板用のドリルやエアソーが必要になります。普通のドリル歯だと歯が持ちません。(実際には歯を変えるだけではなく専用のドリルやエアーツールが必要になります。)
オオクボ自動車もいろいろ機材を交換しました。

さらに、パテを使う時に大きな難問が待ち構えています。板金にはパテがつきものです。叩き出しだけで面だしが出来れば理想かもしれませんが、実際はパテは面だしの必須アイテムです。
このパテを高張力鋼板に使用するときに問題が発生します。

パテは硬化時に熱を発生します。…そうですこの熱が面だししてる鉄板をゆがませるのです。鉄板表面にはパテがあるのですが、裏面には何もないので、表面と裏面で膨張率が異なり歪んでしまうのです。
このゆがみを防ぐためにどうするか…鉄板の表と裏で膨張率が異なるために歪むのなら同じ膨張率にすればいい…ということで裏面にもパテを塗って歪みを防ぎます。
最近は裏塗り専用のパテも販売されています。

こんな手ごわい高張力鋼板ですが、車にとってはメリットが大きいのでこれからも採用は拡大していくはずです。
オオクボ自動車では高張力鋼板に対応するために板金技術革新をドンドン進めていきます。

2015年1月17日
ハイエースのバンパー修理(その2)

先日、弊社で受けたオールペンのハイエースのバンパー修理です。
費用面が解決したのできっちり修理します。まず、割れてしまったバンパーを裏からFRPを張り付けて補修します。
P1010199.JPG

FRPが貼り終わったらパテ盛り→面だしをして塗装です。
P1010206.JPGP1010207.JPG

塗装はいつも通りばっちり仕上げて完成です。綺麗に修理が出来て良かったです。

2015年1月10日
ハイエースのバンパー修理(その1)

先日、弊社で受けたオールペンのハイエースのバンパー修理です。お出かけ途中でバンパーに不具合が発生。現地でバンパーをはずして発送→弊社で修理して完了…のはずでした。
しかし、輸送中に粗雑な扱いを受けたみたいで、バンパーのいたるところにヒビ・欠けが発生していました。
P1010150.JPGP1010154.JPGP1010156.JPGP1010159.JPGP1010165.JPG

運送屋さんに電話して現物確認してもらい、運送さんの費用負担で修理することになりました。
費用負担が明確になったところで修理を開始します。

2014年12月25日
お客様の持ち込みバンパーの修理をしています。

伊奈町のお客様から中古のバンパーの修理と塗装を依頼されました。まず見物を拝見したところ飛び石によるキズがたくさんありました。そこで飛び石後を全部綺麗にします。
P1010106.JPGP1010107.JPGP1010108.JPG
傷を全部パテ埋めしました。傷埋めを行った後にバンパー全体を研ぎ直し綺麗にします。

そのあとお客様ご指定の色で塗装して完成です。

2014年12月17日
企業様のハイゼットを修理してます。

企業様のハイゼットの修理をしています。左側面をぶつけてしまった模様です。下の写真を見てもらえばわかりますが、大きく湾曲しているのがわかります。
P1010097.JPGP1010095.JPG

本来であればサイドパネルもドアパネルも全部交換なのですが、安く仕上げるためにフレーム修正と叩き出し修正をで修理をしました。
P1010102.JPG
仕上げにパテで綺麗に修正して塗装して完成です。部品交換するより安い価格で無事に修理することができました。

2014年11月10日
ローバーミニのマーク1仕様を作っています。

ローバーミニをマーク1仕様に作り替えていきます。まず、オーバーフェーンダーを取り付けます。オーバーフェンダー自体はローバーミニ用をねじ止めしていますが、アクセントとしてホームセンターゴムでぐるっと囲ってアクセントをつけています。
CIMG8852.JPGCIMG8853.JPGCIMG8854.JPGCIMG8855.JPGCIMG8856.JPG

次に窓モールを交換します。さすがに年月が経っていますので変色してボロボロになっています。これを新品純正の窓モールと交換します。新品は綺麗ですね。
CIMG8846.JPGCIMG8847.JPG

そしてマーク1化のメインでもあるセンターメーターパネルとの交換です。元々の従来品は運転席の目の前にメーター類が配置されています。これをセンターメーターパネルと交換するわけです。
ただ、元々は電気信号でメーターを動かしているわけで、これをセンターメーター用の信号を改めて再配線します。スピードメーターはミッションから引っ張ってきて、水温はウォーターポンプから引っ張ってきます。
CIMG8850.JPGCIMG8851.JPGCIMG8849.JPGCIMG8848.JPG
カプラーの信号は配線図を見ながら独自解析していきます。

進み次第またご報告します。

2014年11月5日
キャデラック・エスカレード(Cadillac Escalade) その2

エスカレーどの車検が終わり納品しました。いろいろあったのでまとめておきます。
最初の車検ではヘッドライトの光量不足で不合格になりました。一般的にはバルブを交換して車検をパスするのですが、それだけでは足りませんでした。そこで次の作戦です。
まず、ヘッドライトを全部完全に分解します。HIDランプのバラストからすべて取り外します。
CIMG8833.JPGCIMG8834.JPGCIMG8835.JPG

そして…プロジェクター内部を洗剤で洗浄します。ヘッドライトカバーではなく、プロジェクターランプの内部洗浄です。これが効果あります。
CIMG8836.JPG

これでヘッドライトの光量関連は完了です。

また、このエスカレードは1ナンバー貨物登録してありました。
1ナンバーの貨物登録の特徴は自動車税・任意保険が安い。最大積載量シールと3列目のシートが取り付けられない。一長一短です。この辺はユーザーさんの希望に合わせて進めることになります。

あと、前回悩んでいたバックランプとウインカーですが、バックランプを新規増設。元々のバックランプはオレンジバルブを入れてウインカーに変更し日本の法律に適合するように改造しました。
こんな感じで2回目の車検で無事に合格しました。めでたしめでたし。

2014年10月15日
キャデラック・エスカレード(Cadillac Escalade) その1

北米仕様のエスカレードが入庫しています。この車は北米仕様なので赤ランプでウインカーが点滅します。2007年モデル以降はブレーキペダルに連動してCPU制御でランプを動かしているみたいです。
CIMG8813.JPGCIMG8814.JPG

純正車検対応の日本仕様のオレンジテールは8万円、ヨーロッパ仕様のオレンジテールも4万8000円+配線加工費となりそのまま進めると非常にお金がかかっています。

バックランプとウインカーを増設して車検対応にしようとしているのですが、ハイフラになったりすんなりとはうまくいきません。もうちょっと検討を進めたいと思います。

2014年10月6日
ダイハツ ハイゼット 叩き出し修理

ハイゼットが修理で入庫しました。バック中にぶつかってしまったとのことかなり衝撃が大きかったみたいで、側面のリヤフェンダーまで歪んでいました。

CIMG8773.JPGCIMG8776.JPGCIMG8781.JPG

本来であればフェンダー表側、インナーフェンダー、バックパネルを好感してフロアーのみ板金ただき出し修理をするのがベストだと思います。
しかし、費用的にはかなり高額になってしまうので板金作業のみで修理を行いました。引っ張りながらたたきながらしっかり補修しました。コスト的にも抑えることが出来て良かったと思います。

2014年9月14日
モンキーA型完成

今年の春先3月ごろから作っていたモンキーA型が無事に完成しました。このモンキーは中国製のフレームと純正部品を組み合わせて仕上げたモンキーです。
コツコツ部品を集めながらの作業でしたので時間はかかりましたが、綺麗に仕上がりました。
CIMG8730.JPGCIMG8731.JPG

2014年9月8日
Suzuki エブリイ エアコンクリーニング

車のエアコンの効きが悪いと相談されました。軽くチェックするとエアコンガスは十分でした。ってことでエバポレーターを分解して中身を見てみることにします。

まずはエバポレーターを除くためにフロントパネルをゴッソリはずします。写真なので、あっさり外れているように見えますけど、結構大変な作業です。
CIMG8698.JPGCIMG8699.JPG

エバポレーターに無事に到達です。そして送風機部を見てみると…埃だらけです。これじゃエアコンなんて効くはずがありません。
CIMG8700.JPG

次に熱交換器部を見てみます。送風機がこの調子だと熱交換器はどんな感じなのか…
CIMG8701.JPGCIMG8702.JPG

…熱交換器内部をのぞくことが出来なかったので、デジカメで写真を撮ってみました。
CIMG8703.JPG
…すごい埃です。フィンが1枚も見えません!!ここまで埃がたまるものなのですね…
これだけ埃がたまっているともはや熱交換システムも送風システムも全滅している状態です。全部洗浄することにします。洗浄方法は熱交換器の水滴を排水するホースを一度はずして長いホースに交換します。このホースの行き先は下水排水溝。埃をまとめて流してしまいます。
後は上から地道に水をかけて洗浄します。

数十分の洗浄でやっとスッキリしました。この後、組みなおして動作確認を行いました。
やっとエアコンが本来の姿で動いています。これが正しい姿ですね。

2014年8月04日
リフォーム その2

無事にリフォームが完成しました。室内にウッドデッキを導入しました。家の中もここまでやると面白い物です。
DSC_0590.JPGDSC_0591.JPGDSC_0592.JPGDSC_0593.JPGDSC_0594.JPG

そしてネコ・リス・イグアナの人形も用意しました。
DSC_0620.JPGDSC_0611.JPGDSC_0612.JPGDSC_0613.JPG

さすがにオオクボ自動車の名犬2匹もびっくりしたみたいで、最初はおっかなびっくり近づいていました。最初は遠巻きから凝視。
DSC_0619.JPG

相手が動かないので、においを嗅いで取り調べ。
DSC_0605.JPGDSC_0606.JPGDSC_0607.JPGDSC_0604.JPG

一通りの取り調べをした後は満足したみたいでのんびりとゴロン。

DSC_0609.JPGDSC_0614.JPGDSC_0615.JPGDSC_0616.JPGDSC_0617.JPGDSC_0618.JPG

そして、ウチのワンコがくつろいでいる芝生がすごいんです。人工芝なんですけど、芝が深くしっかり作ってあり、枯れ草部分もリアル。本当は本物が良いんですけど、さすがに実現化が難しく人工芝になりました。
DSC_0641.JPGDSC_0642.JPGDSC_0643.JPG

家の中のに外気持ちよさを求めて作ってみましたが、予想以上によいリフォームになりました。
では!!

2014年7月24日
キャンピングカー フォードE350

こんにちは。オオクボ自動車、大久保です。暑い日々が続いています。みなさんいかがお過ごしですか?
最近、キャンピングカーを探しているんです。そんな中、ほしくなる車を見つけました。購入を本気で考えております。
DSC_0574.JPGDSC_0575.JPGDSC_0577.JPG

いろいろうれしい機能がたくさんついています。ちょっとご紹介しますね。

発電用のエンジンは室内からスイッチオンで動かすことが出来ます。走行用エンジンと発電用エンジンで求められる性能も違うのでバラバラにすることでガソリンの消費も減らすことができます。更に!外部電源を取り込むためのコンセントプラグも搭載していますので、外部から電源をもらうことが出来ればエンジンを動かさないで静かに過ごすことも可能です。

サイドウォーニングとは車の側面に出すことのできる布製の屋根です。焼鳥屋さん・クレープ屋さんが自動車で販売してるときにヒサシを出していることがあると思いますが、あれです。
DSC_0573.JPG

ベッドは3か所あって、それぞれ2人ずつ寝る事が出来ます。車体後部に1セット、運転席の上に1セット、そして応接セットを肩つけるともう1セットベッドを作ることができます。
DSC_0582.JPGDSC_0576.JPGDSC_0578.JPG

キッチンには換気扇、洗面所には鏡、トイレ、お風呂…さすがに洗濯機は付いていませんが生活する為の必要な機能が充実しています。
DSC_0580.JPGDSC_0583.JPGDSC_0584.JPG

その他にも気の効いたポイントがまだまだあります。

  • 車体の外にシャワーが付いていて外で体の汚れを落としてから車内に入ることができます。
  • ガス漏れ探知機が装備されています。
  • 給水タンクにはカギが付いていて異物の混入を防ぐことができます。
  • 排水タンクはお風呂とトイレのタンクが別々になっています。
  • 車内全体の暖房が完備されています

DSC_0579.JPGDSC_0581.JPGDSC_0585.JPGDSC_0586.JPG

このタイプのキャンピングカーって日本車だとグレードの高いモデルのみについている機能なんです。
ちなみにこのクラスのキャンピングカーを新車で購入しようとすると1000万ぐらいです。価格は車としての性能と内装(家としての機能)の充実で変わってきます。アメリカのキャンピングカーは生活している人がいるだけあって完成度が高く、ほしくなるポイントが多いですね。

2014年7月12日
部屋の中?外?

こんにちは。暑い夏がもうすぐ始まります。オオクボ自動車、大久保です。
暑い夏を楽しく過ごすために部屋のリフォームをしてみました。部屋の中を外にしてみました。今までにない全く新しいリフォームの形態じゃないでしょうか?
DSC_0562.JPGDSC_0563.JPGDSC_0567.JPG
部屋の中に人工芝を入れてヤシの木を配置してみました。思いっきり室内ですが、テラスの雰囲気を出してみました。
DSC_0565.JPGDSC_0564.JPG
今はベッドがあって生活している感が漂っているので、ここにウッドデッキを配置してベッドも撤去する予定です。また出来上がったらブログに記載しますね。

2014年5月30日
フォード1931年 A型

こんにちは。オオクボ自動車、大久保です。
この前、オークション会場で面白い車を見つけました。弊社は落札しなかったのですが、結構いい値段まで上がっていました。
↓これです↓
DSC_0476 - コピー.JPG

フォードの1931年 A型なのですが、よく見るとブレーキがディスクブレーキになっていました。サスもダブルウィッシュボーンに変更されています。この手の車は改造パーツがそれなりに流通しているので雰囲気を昔のままにシステムをアップデートすることが可能なんです。エンジンもフォードのV8エンジンとかにスワップしちゃったりします。(この車はエンジンはいじってないみたいでした。)

DSC_0483 - コピー.JPG
そして、面白いと思ったのがリヤシートです。写真を見てわかると思いますが、本来であればトランクのあるところにリヤシートがあるんです。そして屋根はナシ。オープンカーで4人でドライブして突然の雨が降ると後ろの2名は…シュールな仕様です。

DSC_0487 - コピー.JPG
さらに、リヤシートに乗る時はリヤフェンダーの上にあるアルミステップに足をかけて乗り込みます。
DSC_0492 - コピー.JPG

リヤシートの爽快感を味わってみたい車ですね。

2014年5月30日
パンツを塗装してみました

こんにちは。オオクボ自動車は板金塗装を生業にしている板金屋さんです。当然車は塗装します。ばっちりきれいに仕上げます。ここまでは普通の業務なのですが、今回は私のパンツを塗装してみました。『ウォーリーを探せ!!』のウォーリーの服みたいなデザインのパンツがほしかったのですが、結構良い値段なんです。それで試しに白いパンツを買ってきて塗装してみました。
CIMG8450 - コピー.JPG
まずはマスキングをして塗装します。布は塗料がしみ込んで塗装の境目がにじむので結構テクニックが必要です。この辺は塗装のプロならではの技でしっかり仕上げています。
CIMG8451 - コピー.JPGCIMG8452 - コピー.JPG
後はいつも通り乾燥させて完成です。塗装の境目も綺麗に出ています。結構パンツも塗装できるもんですね。
時間的には1時間弱の作業です。今回うまくいったのでもう一本別のパンツを塗装してみようかと思います。
ちなみに塗料は”染めQ”を使っています。
もしオリジナルのパンツを作りたい方はご相談ください。自動車の板金塗装と同等の費用がかかるので、パンツとしてはめちゃくちゃ高価になってしまうと思いますが…。

2014年5月23日
わんこ その2

こんにちは。オオクボ自動車です。今日は前回の続きでオオクボ自動車のワンコ2匹目の紹介。
ハナちゃんです。
DSC_0509 - コピー.JPGDSC_0506 - コピー.JPGDSC_0501 - コピー.JPGDSC_0503 - コピー.JPG
これ、サマーカットなんです。毎年毎年、暑さで夏バテを起こすので毛を刈って涼しくしています。毛を刈ってあげると本人も涼しいみたいで夏バテが軽くなります。尻尾はアクセントで毛先は残してみました。
DSC_0500 - コピー.JPGDSC_0499 - コピー.JPGDSC_0502 - コピー.JPG
カットはそれなりに時間がかかります。羊の毛を刈るようにバリバリと刈れれば良いのですが、市販のバリカンだとそんな簡単には刈ることができません。
ハナちゃんも動くし様子を見ながら少しずつ、刈って仕上げていきます。

これで夏の準備も万全です。

2014年5月10日
わんこ その1

こんにちは。オオクボ自動車です。だんだん岩槻区も温かくなってきてオオクボ自動車の2匹のわんこも元気いっぱいです。
今日は グーフィーちゃん のご紹介。
DSC_0473 - コピー.JPGDSC_0475 - コピー.JPG
ぽっこりお中でなかなかチャーミングなわんこです。もう少し練習したら2本足で歩けそうな感じです。
DSC_0367 - コピー.JPGDSC_0368 - コピー.JPG
これは犬用の雨合羽です。靴もばっちり装備しています。
このカッパの良いところはおなかもすっぽり生地で覆われているので、おなかもびしょ濡れになりません。
さらに、背中の取っ手がかなり便利なんです。散歩で交通量の多い16号バイパスなんかを渡る時にさっと持ち上げて渡ることが出来ます。
本人も結構気に入っているようです。
次回はオオクボ自動車のワンコ 2匹目をご紹介しますね~。

2014年4月15日
超ワイドホイール

こんにちは。オオクボ自動車です。
弊社はさいたま市岩槻区にありますが、全国のいろいろなお客様からいろいろなお仕事を頂いております。
その中で今日は、埼玉県内の知り合いの外車屋さんからのお仕事が中々面白かったのでご紹介です。


超ワイドホイール超ワイドホイール

写真のホイール…サイズいくつだと思いますか? 235? 255? 335?…

いやいやもっとワイドです。写真にあるたばこの箱を見てください。このたばこの箱は10cmの箱なのです。軽く4つ重ねてもホイールの方が長いです。
…てことは40cmを超える、超ワイドホイールです。

今回はオオクボ自動車でホイール側面をブラックにディスク面をゴールドに仕上げさせて頂きました。
ピカピカの鏡面仕上げで仕上げましたので、写真で夕日がきれいに反射しているのがわかると思います。

ホイール鏡面仕上げホイール鏡面仕上げ

お客さんの車種はわかりませんが、これを真っ赤なランボルギーニやフェラーリに履かせたらめちゃくちゃかっこいい車になるはずです。

…この超ワイドホイールですが日本車にオーバーフェンダー作って取り付けたら、それはそれで面白いかもしれませんね。

傷ついているけど、捨てられないアルミホイール、買ってみたけどイメージに合わなかったホイールなどオオクボ自動車に相談いただければカッコよく復活させる事ができます。お気軽に問い合わせくださいね。

電話→048-799-1156

2014年3月28日
ひみつ基地

CIMG2239.JPG
オオクボ自動車の秘密基地です。私自身が好きで集めたコレクションを飾ってあります。
この部屋は"ある"ものをベースにして作りました。
オオクボ自動車のどこかにあります。
ご興味があれば探しにきてください。

CIMG2242.JPGCIMG2240.JPG


CIMG2243.JPGCIMG2244.JPG

2014年3月20日
ミニカー セルモーターオーバーホール

CIMG8180.JPG
セルモーターの調子が悪いのでオーバーホールします。
交換してもよいのですが、ちょっとしたオーバーホールで治ることもたくさんあります。
換えるだけだったら誰でも出来ますしね。

CIMG8178.JPG
ひとまず、セルモーターを取り出します。
ミニカーなので何を取り出すのも簡単で楽です。

CIMG8179.JPGCIMG8183.JPG
無事にセルモーターが取り出せました。カーボンブラシとローターの接触面をクリーニングして綺麗にします。
今回はブラシ交換はしませんでしたが、ブラシ自体がボロボロの時は交換します。
この後、グリスアップして元通り組みなおせば完成です。

2014年3月12日
モンキー A型作成

CIMG8176.JPG先日磨いていたモンキーのエンジンを搭載する車体を作っています。中国産のフレームに純正のパーツを組み合わせてA型を作っていきます。
時間を見つけてコツコツ作っているので時間はかかりますが、良いモンキーを作ろうと思います。
出来上がったらまたブログで紹介します。お楽しみに!!

2014年3月3日
モンキーのE/S 磨き

モンキーのエンジンの表面を磨いて見ました。
普通は鋳造のミカン肌になってしまっている部分ですが、磨きなおすとイメージががらりと変わり面白く仕上げる事が出来ます。
手間がかかるのでやってる人が少ないのもポイントです。

CIMG8152.JPGCIMG8160.JPG

磨き方ですが、地道に表面を磨いていくだけです。コンパウンドの粗目→中目→細目→極細目とひたすら磨きます。

CIMG8154.JPGCIMG8156.JPG

こんな感じに仕上がりました。反射している部分は鏡のように像が写っています。
ここまで磨きあがるにはそれなりの時間とコストが発生ました。オリジナル感を出すためにはお勧めのメニューです。
このように車と直接関係ないことでも相談してください。出来る限り対応させて頂きます。

2014年2月26日
二十数年ぶりに妻のやさしさを感じた時

間の日曜日、夕方 お客さん(山崎さんちのしん君)が奥さんとお礼の品(無料で車の修理をした事の)を届けに来てくれました。もちろん受け取れないよ、気を使わないでよと辞退しながら 世間話に移っていった時 地震が起きました。その地震から話しはマヤ文明の話しになり 意外としん君が詳しくて また一つ勉強になりました。

しん君夫妻が帰って間もなく 我が家の夕食となり 久しぶりに長男(23歳)も次男(20歳)も居て楽しい会話がはずみました。そして私が先ほどしん君から仕入れたばかりのマヤ文明が予言した人類が滅亡するかもしれないって話題を振ったことから始まり「南極の氷が溶けたらいままでに無い病原菌が出てきちゃうんだ。そもそもエボラ出血熱?だって人類の病原菌じゃなかった・・・・」って次男が雑学を披露しはじめた時、私が「おちんちんが大きくなっちゃう病原菌なんてないかなぁ」ってふざけたら二人とも黙っちゃって、私は「やばい!ここは自分で笑っちゃうしかないな」って思いながらも同時に「まあ、それでもどうにもなんないだろうなぁ」って悲しくなった次の瞬間、「そんな病原菌あるわけないでしょ。バカなんだからもう!」って妻がつっこんでくれた時。

2014年2月20日
マスターのバイク 前回のおまかせ塗装


t02200165_0640048011476254433.jpg

2014年2月18日
マスターのバイク 僕におまかせで塗らせて頂きました。

お得意様のバイクです。洋風居酒屋のオーナーでバイクも車も大変凝り性な方です。数年前に知り合い、自分の好みと社長の好みは同じセンスと褒めて頂き それ以来 何度も「社長の好きに塗っちゃっていいよ」ってお仕事の依頼を頂きました。
t02200391_0480085411476189062.jpg
t02200391_0480085411476189063.jpg

この迷彩カラーは初めにシルバーメタリックで丸塗りして その上にマスキングを繰り返しながら透明の青(うすい青、ふつうの青、濃い青)を塗って すべての青の下に 最初のシルバーメタリックのキラキラが透けて見えるって手法で塗りました。最後に透明のクリヤーで全て覆い尽くしてあります。

手間もかかりましたがマスターに気に入って頂けたので 大変うれしかったです。
t02200391_0480085411476189064.jpgt02200391_0480085411476189065.jpg

t02200391_0480085411476189073.jpgt02200391_0480085411476191556.jpg

t02200391_0480085411476191557.jpgt02200391_0480085411476191558.jpg

2014年2月14日
教え子の結婚式に招待されました。

ちょっと前の話になりますが、教え子の結婚式に招待されました。
t02200391_0480085411475825114.jpg
私は埼玉県立春日部高等技術専門校という県立の専門学校で板金塗装の講師をしています。

今年で14年目になります。

沢山の教え子が出来、会社の方に遊びに来てくれる卒業生もいっぱい出来ました。

バイクや車の話しはもちろん 今行ってる会社を辞めちゃおうかなぁって相談や彼女ができましたって報告や会社で溶接の上級の資格を取って少し偉くなりましたって報告など話しに来てくれます。

t02200391_0480085411475825111.jpgその中の一人で菅原君が先日 めでたくご結婚され 披露宴に呼んで頂いた時の写真です。彼は5~6年前の卒業生でリーダーシップがあり礼儀正しくて 周囲からの評価が高く ずっと永くお付き合いして行きたいと思っていた若者です。 その彼が最愛の相棒とめぐり逢い 二人三脚の人生をスタートさせた事を我が子の事のように喜び、見守っていきたいと思っています。





2014年2月11日
自己紹介 その3

当日はみんな自分でにぎったおにぎりをディパックに詰めて、夜中の二時半に僕の家から出発です。そのおにきり、材木座海岸で朝焼けを見ながら食べる予定です。母がお茶一杯飲んで行きなって言うもんだからしかたなくみんなで無言で飲みました。たぶん三人とも「そんなのいいから早く行こうぜ」って気持ちで急いで飲んでました。
順調にスタートし国道4号で都内を抜け まずは横浜を目指しました。神奈川県に入ってすぐパトカーに職質され警察署まで連れて行かれ家出の中学生と間違われました。 親に電話され 自転車に書いてある名前と違うじゃないかって盗んだ物と疑われ(三人とも借り物でした。)やっと解放されたら すっかり朝になっていてがっかりしながら国道1号の排気ガスだらけの路肩で持って来たおにぎりを食べました。朝焼け見ながらおにぎりを食べる予定は崩れ去りましたが 一番の楽しみのピースサインはこれからです。この後 大黒埠頭に寄ることとなりいよいよ風景もツーリングらしくなって来ました。後ろから数台のバイクのグループが僕達を抜いて行き 友達のひとりが「後ろから来たのは無理だよね。で、誰が初めにピースする?」って言いだし、現実が目の前にせまって緊張してきた三人でしたが、結局僕がやるって言い、次に前から来たグループにやってみるからねって言い、三人でペダルを漕いでいると 間もなく前から2台のバイクが来ました。一台は黄色いタンクのヨンフォアで もう一台は黒のサンパチでした。二台とも僕の憧れの車種でした。僕はちゃんと返してくれなかったら恥ずかしいなぁって思いながも 妄想の中で何度もシュミレーションしていた通り 右手でピースサインを作り顔をななめ上に傾けながら前歯をだして爽やかな笑顔でやりました。さりげなく慣れたふりして。そしたらライダーも二人そろってカッコ良く返してくれました。最高にうれしくて返してくれたよって友達に振り返ったら 二人とも僕の後ろでピースしてたらしく三人で喜びました。そしてヨンフォアとサンパチに心を読まれていたらしくUターンして戻って来てくれて「ツーリングかい?」「どっから来たの?」って話しかけて来てくれたので いっしょに写真を撮らせてもらいました。それから三人とも調子に乗ってジャンジャンピースしまくって 益々早く16歳になたい 早くバイクに乗りたい バイクでツーリングに行きたいって思いました。
鎌倉に着いてから駅のそばの食堂でカツどんを食べ 材木座海岸で自転車と海をバックに写真を撮り 滞在時間 1時間で帰路にたちました。家に着いたのはちょうど夜中の二時半でした。
今でも大黒埠頭でヨンフォアの写真と材木座で自転車の写真は大事に持っています。

2014年2月8日
自己紹介 その2

ある日休み時間に、校舎の三階の廊下の窓辺で遠くに山なみが見えました。隣に居た友達に「どっか遠くに行きたくねえ?チャリで。」って言ったところ「いいねえ。」「どこ行く?」「誰誘う?」って盛り上がりました。そして友達はさらにわくわくする魅力的な事を言い出しました。「スポーツタイプのロードサイクルってチャリなら、たとえチャリでもツーリングって言うらしいよ。」「って事は、バイクの人にピースサインしてもいいって事?」「いいんじゃないの。ツーリングなんだから。」と。当時みんなで回し読みしていた「ナナハンライダー」と言うマンガでツーリング中は知らない人同士でもすれ違う時にピースサインであいさつし合うって話が載っていて、もの凄く強烈にあこがれました。そこからは、さっきまであんなにキラキラ輝いていた「どっか遠くへ行きたい」って言葉がくもりはじめ 当日の妄想に浸っていきました。大人っぽくドロップハンドルのロードサイクルでライダーとすれ違う時 右手でピースサインを作り軽く前歯を見せ爽やかな笑顔でさりげなく慣れた雰囲気ですれ違う自分を。

2014年2月6日
自己紹介 その1

埼玉県鳩ケ谷市生まれ 川口市育ち 八百屋の次男坊。
小学生の頃から図工と体育が得意でお勉強が苦手な子供でした。小、中と9年間 写生大会に入選しプラモデルを作るのが大好きでした。
通学の黄色い安全帽の裏側に新聞紙を細く折ったのを巻いて型を作り、側面はバッジ(ガチャガチャの)をいっぱい貼って、肩掛けカバン(当時は横カバンと呼んだ綿の白いヤツ)には丁寧にマジックて「愛と誠」と書いて喜んでいました。自転車のハンドルは少し前に倒し 不自然なほど足を開いてペダルを漕ぐアホ丸出しな子供でした。
中学校は隣に桜の名所(文化放送の鉄塔)があり 窓からの風景もほのぼのとし坂の上に建つ良い環境の学校でした。
部活は三年間サッカー部に所属し、陸上部の競技会にも駆り出され、文化祭では友達と三人で「南こうせつとかぐや姫」のコピーバンドを結成しボーカルとサイドギターを担当し、楽しい三年間を過ごしました。

2014年1月18日
ホームページ開設しました。

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
オオクボ自動車のホームページをリニューアル致しました。


top2.jpg

お問い合わせは 048−799−1156

Cel.png
お問い合わせはお電話でお願いいたします。
なんでもご相談ください。
TEL:048-799-1156
不在時直通携帯 090-8689-7205